シェアする

KORG Modele LeアプリとmicroKEY Airを接続して音色を5つに増やす方法とは?

korg-module-le

KORG Module LeというiPhoneの無料アプリが、かなりリアルで高音質なピアノ音源となっていることをご存知でしょうか?

筆者は、持ち運びが割と容易な、KORGのMicroKEY AirというBluetoothで接続可能なMIDIキーボードを最近購入しました。

KORG Module Leアプリと接続するとかなりリアルなピアノの音色を鳴らすことが出来て、かつ鳴らすことができる音源を5つに増やすことが出来ます。

今回は、KORG Module LeアプリとMicroKEY Airキーボードの接続方法を説明していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

もくじ

この記事の流れです。

KORG Module Leアプリ ダウンロード

KORG Module Leアプリは無料のiPhone、iPadアプリとなっており、下記よりダウンロード可能です。

音色はグランドピアノ音色1つのみとなっています。

‎「KORG Module Le」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットと詳細情報を確認することができます。「KORG Module Le」をダウンロードしてiPhone、iPad、iPod touchでお楽しみください。

KORG MicroKEY Air キーボード

MicroKEY Airキーボードは25鍵、37鍵、49鍵、61鍵のものがあり、BluetoothとUSBでiPhone、iPadに接続可能です。

曲のアイディアを練ったりDTM用途ではなく、本格的に弾くには、49鍵以上がおすすすです。

KORG ワイヤレス接続対応MIDIキーボード microKEY2-25AIR マイクロキー2 エアー 25鍵モデルがMIDIコントローラーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
microKEYの機能はそのままにBluetooth MIDIによるワイヤレス接続を実現した上位モデル。まったく新しいMIDIキーボード、microKEY Air。

KORG Module Leアプリ MicroKEY Air 接続方法

korg-module-le

KORG Module Leアプリを開くと、下部のバーチャルキーボードで弾くことも可能です。

ヘッドフォンを接続して聴いてみると、かなりリアルな音がするので、筆者は最初かなり驚きました。

MicroKEY Airキーボード準備

まずMicroKEY Air側の設定を行います。

microkey-air

キーボードの左側にUSBとワイヤレスを切り替えるスイッチがあります。

microkey-air

microkey-air

ワイヤレスで接続する場合は、単三乾電池2本を入れる必要があります。

microkey-air

電池を入れたら、スイッチをWIRELESSに切り替えます。

電源の切り方は、再度USBにスイッチを切り替えるのみです。

電池の節約のために使わないときにはUSBに切り替えておくことをおすすめします。

KORG Module Leアプリ 接続方法

iPhone、iPadの設定 ⇒ BluetoothからブルートゥースをONにしておいてください。

korg-module-le

KORG Module Leアプリの上部「 icon-gear 」マークをタップします。

korg-module-le

Bluetooth MIDIの「Scan」ボタンをタップします。

korg-module-le

筆者の購入した「microKEY2-25 Air」キーボードが表示されたらタップします。

korg-module-le

ペアリングの要求画面となりますので、「ペアリング」をタップします。

korg-module-le

「接続されました」と表示されたらMIDIキーボードの接続完了です。

microKEY-Air

MicroKEY Air 左側の青ランプが点滅から点灯に変われば接続可能です。

選択可能なプログラムが 1音色 ⇒ 5音色に増える

korg-module-le

音色を切り替えるには、「Program」部分をタップします。

korg-module-le

MicroKEY Airを接続していない状態では、「Natural Grand」1つの音色となっています。

korg-module-le

MicroKEY Airを接続するとエレピ、オルガン、クラビ、ストリングスの4音色が追加となっているのが確認できます。

korg-module-le

筆者のお気に入りは、上記のSimple Organです。

ヘッドフォンで聴くと、リアルさが分かると思いますのでぜひ試してみてください。

KORG Module有料版との違い

korg-module-le

プログラム(音色)数が100個になったり、KORG Gadgetと連携できたり、MIDIプレーヤー、オーディオ・レコーディング可能なMORG Moduleアプリをおすすめします。

5音色を聴いてみて、気に入った方は購入検討してみてください。

4,800円と高額ですがそれだけの価値はあると思います。

‎「KORG Module」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットと詳細情報を確認することができます。「KORG Module」をダウンロードしてiPhone、iPad、iPod touchでお楽しみください。

まとめ

KORG Module Leアプリは、iPadやiPhoneで流している音とは思えないほどリアルな音色となっています。

本当に楽しいので、microKEY Airと接続して曲のアイディアやメロディなどを弾いていると、筆者は時間を忘れて1~2時間は弾いてしまっていることもあります。

ぜひ一度ダウンロードして実際に音色を確かめてみてください。

icon-arrow-circle-down microKEY Air接続時に使える5音色については、下記参照してください。

microKEY Air接続時のKORG module leの5種類のかなり使える音色とは?
iPhoneやiPadの無料アプリKORG Modele Leに、MIDIキーボードmicroKEY Airを接続した際に増える音色、KORG Modele Leのその他設定を画像付きで詳しく説明しています。

icon-arrow-circle-down バックグラウンド再生可能なドラムマシンを流してアイディアを練るのもおすすめです。

おすすめのドラムマシンアプリ!DM1で超簡単にリズムトラックを打ち込む基本的な方法
DM1は99種類のドラム音源を備えた非常に簡単にリズムを打ち込むことが出来るドラムマシンアプリです。アプリの使用と基本的な使い方、他アプリへの共有方法、SoundCloudへのアップ方法など画像付きで詳しく説明しています。

icon-arrow-circle-down ドラム・ベース・リードシンセで簡単にリズムトラックを作れるアプリです。

ドラム・ベース・リードシンセで初心者でも簡単にビートが作れるFigureアプリが超楽しい!
Figureはドラム、ベース、リードシンセを使ったかっこいいリズムトラックを初心者の方でも簡単に作成できるアプリです。各パートの入力方法、エフェクト設定、ミックス方法、Alihoopa共有方法などを画像付きで詳しく説明しています。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

トップへ戻る