シェアする

FL Studio Mobileで各トラックのオートメーションを超簡単に設定する方法とは?

FLStudio-Mobile

このブログでは、前回までFL Studio Mobileでドラムトラックを入力する方法、ベース・リードシンセを入力する方法、ループなどの音声ファイルを読み込んで簡単に使用する方法を説明してきました。

FL Studio Mobileでワンショットのループや音声ファイルを読み込んで超簡単に使える!
FL Studio Mobileでワンショットのループや音声ファイルを取り込んで超簡単に楽曲に利用することができます。音声ファイルの格納方法、読み込み方法、楽曲での利用方法を画像付きで詳しく説明しています。

FL Studio Mobileは、トラックの音量やパン、フィルターなど様々なオートメーションを使って簡単に楽曲のミックス処理を行っていくことが可能です。

今回は、オートメーションの設定方法を画像付きで詳しく説明していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

もくじ

この記事の流れです。

FL Studio Mobile アプリ ダウンロード

FL Studio Mobileは有料のiPhone、Android、Windowsアプリとなっており下記よりダウンロード可能です。

「FL Studio Mobile」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットと詳細情報を確認することができます。「FL Studio Mobile」をダウンロードしてiPhone、iPad、iPod touchでお楽しみください。
Create and save complete multi-track music projects on your Android Phone or Tablet. Record, sequence, edit, mix and render complete songs.FEATURE HIGHLIGHTS• ...
Windows 10、Windows 8.1、Windows 10 Mobile、Windows Phone 8.1、Windows 10 Team (Surface Hub)、HoloLens 向けの Microsoft Store からこのアプリをダウンロードします。スクリーンショットを確認し、最新のカスタマー レ...

オートメーション設定方法

早速、FL Studio Mobileでオートメーション処理を行う方法を説明していきます。

ボリューム オートメーション設定

FLStudio-Mobile

前回作成した楽曲を使用して設定を行って行きます。

まず、オートメーション処理を行うトラックを選択します。

FLStudio-Mobile

左下のフェーダーボタンをタップして、ボリュームボタンを1回タップします。

オートメーションを設定したいツマミを1度選択するとオートメーション処理が可能となります。

FLStudio-Mobile

次に、アプリ下部の「CTRL」ボタンを押すと上記ポップアップが表示されますので、「Add Automation Track」をタップします。

FLStudio-Mobile

オートメーショントラックが追加されているのが確認できました。

FLStudio-Mobile

ダブルクリックしてクリップの追加を行います。

クリップ名として、音量を表す「LEVEL」と表示されています。

次にクリップをダブルクリックして設定を行っていきます。

FLStudio-Mobile

音量を8小節目の終わりまで、徐々に上げていくオートメーションを設定してみました。

設定の仕方は簡単で、設定したいポイントをタップして上下に動かすのみとなります。

FLStudio-Mobile

オートメーションを行ったポイントを削除したい場合は、ポイントを長押しして「Del」ボタンをタップすると削除可能です。

パン オートメーション設定

次にパンのオートメーション設定を行っていきます。

FLStudio-Mobile

設定したいトラックのパンを1度タップして、「CTRL」ボタンをタップします。

FLStudio-Mobile

同様に「Add Automation Track」をタップします。

FLStudio-Mobile

パンのオートメーショントラックが作成されたことが確認できます。

FLStudio-Mobile

パンのオートメーションは、50%部分が中心となっていて、0%側がL側、100%側がR側となっています。

今回は、ボーカルのワンショットを左右に規則的にパンで振ってみました。

FLStudio-Mobile

オートメーショントラックも他トラックと同様にループとして伸ばすことが可能です。

今回は、単純に左右に2拍ずつ振っていく設定としました。

ピッチ オートメーション設定

ピッチ(音程)が変化していくオートメーションを設定していきます。

FLStudio-Mobile

よくあるスネアドラムのピッチが変化していくオートメーションを設定していきます。

FLStudio-Mobile

エフェクト設定画面を表示して、「PITCH」を1回タップして「CTRL」をタップします。

FLStudio-Mobile

同様に「Add Automation Track」をタップします。

FLStudio-Mobile

ピッチのオートメーショントラックが作成されたことが確認できます。

FLStudio-Mobile

15小節から16小節終わりにかけてスネアのピッチが上がっていくように、オートメーション設定を行いました。

まとめ

前回のトラックにオートメーションを追加したミックスでSoundCloudにアップしました。

今回、ボリュームが上がっていく設定、パンの設定が左右にビートにあわせて振られる設定、スネアのピッチが徐々に上がっていく設定を行いましたので、ぜひヘッドフォンで聴いてみてください。

FL Studio Mobileは、直感的にダンスミュージックを作成することが出来て、筆者も外出先での曲作りに非常に重宝しています。

オートメーション設定は非常に簡単なので、ぜひやってみてください。

icon-arrow-circle-down FL Studio Mobileでサイドチェイン処理を行う方法は、下記参照してください。

FL Studio Mobileでベース・シンセトラックにサイドチェイン処理をかける超簡単な方法とは?
FL Studio Mobileで、エレクトロニックミュージックでよく使われるバスドラムなどをトリガーにして、ベースやシンセなどにサイドチェイン処理、ダッキングをかける方法を画像付きで詳しく説明しています。

icon-arrow-circle-down FL Studio Mobileでドラムトラックを打ち込む方法を説明しています。

FL Studio Mobileでエレクトロニックなドラムトラックを超簡単・直感的に打ち込める!
FL Studio MobileはiPhone、Androidスマホでエレクトロニック・ダンスミュージックを作成するのに非常に強力なアプリです。新規楽曲作成方法、テンポ設定、スウィング設定、ドラムトラックの打ち込み方法等を画像付きで詳しく説明しています。

icon-arrow-circle-down ベースやリードシンセの打ち込み方法は、下記参照してください。

FL Studio Mobileはベースやリードシンセを超簡単にMIDIノート打ち込み出来る!
FL Studio Mobileは、エレクトロニック・ミュージックを作成するのに非常に強力なアプリです。ベースやリードシンセの入力方法、音色の設定方法、エフェクト・FXの追加・設定方法を画像付きで詳しく説明しています。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

トップへ戻る