シェアする

おすすめのドラムマシンアプリ!DM1で超簡単にリズムトラックを打ち込む基本的な方法

DM1

iPhoneやiPadでGarageBandなどのアプリを使ってみたけど、なかなかドラムトラックを完成させることができず、結局諦めてしまった経験はないでしょうか?

前回、ドラムの叩き方の経験がなくても、かっこいいリズムトラックを簡単に作成できる無料アプリを紹介しました。

ドラム・ベース・リードシンセで初心者でも簡単にビートが作れるFigureアプリが超楽しい!
Figureはドラム、ベース、リードシンセを使ったかっこいいリズムトラックを初心者の方でも簡単に作成できるアプリです。各パートの入力方法、エフェクト設定、ミックス方法、Alihoopa共有方法などを画像付きで詳しく説明しています。

筆者は、ドラムパターンを視覚的に打ち込むことができるアプリを利用しており、外出時の暇な時間に、ヘッドフォンをiPhoneにつないでリズムトラックを作っています。

非常に簡単に打ち込むことができて、初心者の方にも優しいアプリになっています。

今回は、99種類ものドラム音源を使って作成することができる「DM1」アプリの基本的な打ち込み方を紹介していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

もくじ

この記事の流れです。

DM1 アプリ ダウンロード

DM1はiPhone、iPad向けの有料アプリとなっており、下記よりダウンロ―ドできます。

‎Fingerlabは自社のエレクトロ専門ミュージシャンと共に演奏性と確かな音響性能の完璧な組み合わせを 実現することを目標にDM1を開発してきました。複雑で使いにくいインターフェースを避け、バランス の取れた確かな性能を備えた美しいデザインの重要性を常に念頭に置いています。 154種類のエレクトロニックドラムキットを...

DM1 アプリの基本的な使い方

早速、DM1アプリの基本的な使い方を説明していきます。

99種類のドラムキットを選択可能

ビンテージドラムマシンやアコースティックドラムの音色など99種類を選択可能です。

Fingerlab Sound Studiosの提供するビンテージおよび社内制作したドラムキット99種類

追記:

DM1のサウンドは実機からサンプリングしたサウンドとの回答がFingerlab社からあったとのことで、ブログ読者様より情報共有頂きました。

DM1’s sound have been recorded from real vintage machine.

dm1 dm1

アプリ上部左側のプルダウンメニューをタップすると選択可能です。

「VINTAGE」をタップすると、TR-808、TR-606、TR-909などビンテージドラムマシンのキットを選択可能です。

下部にスクロールすることで他のドラムキットを選択することが可能です。

dm1 dm1

ブラシやティンパニー、ジャズ系などのアコースティックドラムキットと、Fingerlab Sound Studios独自のドラムキットを選択することが可能です。

16ステップ・32ステップ選択

dm1 dm1

アプリ上部のスイッチで、1小節を16ステップと32ステップに切り替えを行って打ち込むことが可能です。この記事では分かりやすく16ステップで打ち込みを行って行きます。

キック・スネア・ハイハットのステップ入力方法

基本的なステップ入力方法を説明していきます。

dm1 dm1

まずはじめに、パターン1を入力していきます。

アプリ右側で、キック(バスドラ)からシンバルまで1つずつ選択して、入力を行っていきます。今回は、基本としてキックとスネア、ハイハットクローズ、ハイハットオープンの入力を行っていきます。

KICK(キック)は表リズムの1ステップ、5ステップ、9ステップ、13ステップと7ステップ、14ステップを選択しました。リズムを鳴らす場所をタップすると入力、もう一度タップすると消去されます。

ダブルクリックすると(オレンジ色)強調された大きな音のリズムが鳴ります。

SNARE(スネア)は2拍4拍の表(5ステップ、13ステップ)に入力をしています。

dm1 dm1

ハイハットクローズ(ハイハットを閉じた音)、ハイハットオープン(ハイハットを開いた音)についても、上記のように入力してみました。

アプリ下部の「▶」再生ボタンをタップすると、リズムトラックの再生を行うことができますので、CLAPからCYMBALについても様々なステップに入力して試してみてください。

筆者は少しずつやり方が分かってくると、かなりハマってしまい楽しくなってきました。

BPM設定方法

ここから、リズムトラックのBPM(曲の速さ)の設定方法を説明していきます。

dm1 dm1

アプリ下部の「STEPS」画面を「TOOLS」画面に変更するために「◀」ボタンをタップします。

SETTINGSメニューに「TEMPO」がありますので、スライダーを左右に動かしてBPMを変更すると、リズムトラックの速さが変化します。

GarageBandに貼り付ける方法

基本的なリズムトラックの作成ができたら、他の楽曲作成アプリに貼り付けを行うことが可能です。今回は、GarageBandに貼り付けを行う方法を説明していきます。

dm1 dm1

「TOOLS」画面の「EXPORT」をタップします。

今回作成したのがパターンなので、「PATTERN」「AUDIOCOPY」を選択して「GO」ボタンをタップします。

dm1

AudioCopy画面となりますので、上部の「Done」をタップします。

dm1

GarageBandを立ち上げて、オーディオトラックを長押しして、「ペースト」を選択します。

dm1

今回作成したリズムトラックを、音声ファイルとして貼り付けることができました。

SoundCloudに共有する方法

ここから、SoundCloudに共有する方法を説明していきます。

dm1 dm1

先ほど説明した「EXPORT」より「SOUNDCLOUD」を選択して、「GO」をタップします。

SoundCloudのユーザーID(メールアドレス)、パスワードを入力して、「Sign in and Connect」をタップします。

dm1

必要に応じて曲の画像などを選択し、共有する場合は「Public」を選択して、「Upload & Share」をタップすると共有することが可能です。

今回作成した簡単なリズムトラックをSoundCloudにアップしておきましたので、下記に貼っておきます。

icon-arrow-circle-down SoundCloudをブログなどに張り付ける方法は下記参照してください。

SoundCloudアプリの登録 楽曲アップロード ブログ貼り付けの詳しい使い方
SoundCloudアプリに音源をアップしてブログへ貼り付ける方法を説明しています。ユーザー登録、プロフィール画像登録、背景画像登録、音源のアップロード、ブログへの貼り付けの方法を画像付きで詳しく説明しています。

まとめ

今回は、DM1アプリを使って非常に簡単にリズムトラックを作成し、GarageBandに張り付ける方法、SoundCloudにアップする方法を説明しました。

ドラムの音色も豊富なので、リズムトラックを打ち込むのがかなり楽しいアプリとなっています。有料アプリですが、おすすめなのでぜひ一度使ってみてください。

icon-arrow-circle-down DM1アプリの詳しい使い方については下記参照してください。

iPhone iPad向けドラムマシンアプリDM1の5つの詳しい使い方
ドラムマシンアDM1は直感的にかっこいいリズムを打ち込むことができるアプリです。リアルタイム入力、ミキサー、エフェクト、ソング、エクスポート、ランダマイズなどの設定方法を画像付きで詳しく説明しています。

icon-arrow-circle-down 生音系の打ち込みには下記アプリがおすすめです。

Music Studio iPhoneアプリでMIDIドラム音源の基本的な打ち込み方法とは?
外出時やカフェなどで、MIDIデータを簡単に打ち込めるMusic Studioアプリを紹介しています。プロジェクト作成方法、ピアノロールのMIDIデータ入力方法、テンポ変更方法など画像付きで詳しく説明しています。

icon-arrow-circle-down 楽器の練習などにドラムマシンを使ってみたい方は下記アプリがおすすめです。

初心者におすすめのドラムマシンアプリkeezy Drummerのリズム練習方法
ギターやピアノなどの練習のお供に簡単操作で超楽しいドラムマシンアプリ「keezy Drummer」がおすすめです。keezy Drummerの仕様、簡単な使い方などを画像付きで詳しく説明しています。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

トップへ戻る