シェアする

KORG Gadgetのアコースティックドラム音源 Gladstoneガジェットが生っぽくてかなりリアル!

korg-gadget-gladstone

筆者は外出時にカフェなどで、iPhoneでKORG Gadgetアプリを利用して楽曲制作をしています。

前回まで数回に渡りこのブログでは、ダンスミュージックにおすすめのKORG Gadget音源を紹介してきました。

KORG Gadgetのアシッドハウス系ベースガジェットChicagoの詳しい使い方とは?
KORG Gadgetのアシッドハウス系ベースガジェットChicagoは非常に音も良く使える音源となっています。Chicagoの設定方法、MIDI入力方法などの使い方を画像付きで詳しく説明しています。

筆者は、アコースティック音楽を作る際には、KORG GadgetのGladstoneガジェットを使っていますが、非常にリアルで生っぽいドラム音源となっていますのでおすすめです。

今回は、ACOUSTIC DRUM MODULE Gladstoneガジェットの詳しい使い方を説明していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

もくじ

この記事の流れです。

KORG Gadget ダウンロード

KORG Gadgetは有料のiPhone、iPadアプリとなっており下記よりダウンロード可能です。

2018年06月現在で、4,800円となっておりIOSアプリとしては高いですが、音が非常に良いのでモバイルでDTMをやる方にはおすすめです。

機能限定版で無料のKORG Gadget Leもあります。

‎最高のモバイル楽器コレクション。 無料の Lite 版で KORG Gadget の魅力を体験。 オールインワン音楽制作アプリ「KORG Gadget Le」。 すべての方に KORG Gadget を体験していただくために、無料でダウンロードできる Lite 版「KORG Gadget Le」を用意しました。使え...

KORG Gadget Gladstone ガジェットの使い方

早速、Gladstoneガジェットの使い方を説明していきます。

Gladstoneは有料オプションのガジェットとなっています。

SOUND

korg-gadget-gladstone

Gladstoneガジェットはアコースティックなドラムキットを20個搭載しています。

ガジェット下部の10個のパッドを叩いて、リアルタイムで録音することも可能です。

10個のパッドのうちいずれかを叩くと、SOUND部分にドラムパーツ名が表示されます。

音色を変更したいドラムパーツを選択してから、変更を行っていきます。

TUNE

選択したドラムパーツのピッチを調節することが可能です。

DECAY

選択したドラムパーツのディケイ・タイムを設定することが可能です。

減衰する時間を調整できますので、このツマミは筆者もよく使います。

PAN

選択したドラムパーツのパンを設定することが可能です。

DRY LEVEL

選択したドラムパーツのドライレベルを設定することが可能です。

AMB SEND

選択したドラムパーツのアンビエンス・レベルを設定することが可能です。

アンビエンスを調整すると生っぽく聞こえますので、筆者はこちらも不自然にならない程度に調整することが多いです。

COMP(コンプレッサー)

korg-gadget-gladstone

THRESH

スレッショルド レベルを調整することが可能です。

RATIO

レシオを調整することが可能です。

GAIN

出力のゲインを調整することが可能です。

DRIVE

出力のドライブを調整することが可能です。

EQ(イコライザー)

korg-gadget-gladstone

LO・MID・HI

ドラムサウンドの低音域、中音域、高音域を調整することが可能です。

FREQ・GAIN

イコライザーの周波数とゲインを切り替えることが可能です。

MASTER(マスター)

korg-gadget-gladstone

LEVEL

マスターレベルを設定可能です。

AMB MIX

マスターのアンビエンスレベルを設定可能です。

ドラムキット選択

korg-gadget-gladstone

ガジェット上部のキット名をタップすると、20種類のアコースティックドラムキットから選択することが可能です。

ドラムパーツ選択

korg-gadget-gladstone

ガジェット上部のパーツ名をタップすると、ドラムパーツを選択可能です。

デモ音源

Gladstoneガジェットでほぼベタ打ちを行いました。

ドラムキットとしては、「03: Studio kit 1」を選択しています。

korg-gadget-gladstone

キックとスネア、ハイハットでシンプルなリズムを打ち込んでいます。

korg-gadget-gladstone

ところどころにスネアのフラムをアクセントで打ち込んでいます。

ベロシティを低目でスネアの前に打ち込むとベタ打ちでも生っぽくなります。

Gladstoneガジェットのみ打ち込んだデモ音源をSoundCloudにアップしました。

ほぼベタ打ちですが、筆者にはけっこうリアルに感じました。

アコースティックベースやエレキベース音源の「Madrid」ガジェットとアコースティックピアノ音源の「Salzburg」ガジェットをあわせて打ち込んでみました。

まとめ

Gladstoneガジェットは、ベロシティやタイミングなどをきちんと打ち込んでいけば、かなりアコースティックで生っぽく打ち込めるドラム音源となっています。

KORG Gadgetはダンスミュージック系の音源が多いですが、アコースティックな音楽も作ることができますので、ぜひぜひ試してみて下さい。

icon-arrow-circle-down リアルなアコースティック・エレクトリックベースガジェットは下記参照してください。

KORG Gadgetのアコースティック&エレクトリックベース音源 Madridの音が太くてリアル!
KORG GadgetのMadridガジェットはリアルなアコースティック・エレクトリックベース音源です。ベースのプリセット変更、エフェクター設定、アンプ設定方法など画像付きで詳しく説明しています。

icon-arrow-circle-down KORG Gadgetの基本的な使い方は下記参照してください。

KORG GadgetアプリをiPhoneで使うには横表示&片手入力が超便利!基本的な切替方法とは?
KORG GadgetはiPadで使う場合は縦表示が推奨されていますが、iPhoneで使う場合には横表示がおすすめです。ミキサー、シーケンサー、ピアノロール、ガジェット画面の切替方法を画像付きで詳しく説明しています。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

トップへ戻る