シェアする

KORG Gadget Kingstonのチップチューン・ゲームサウンドが直感的に使えて超楽しい!

Korg-Gadget-Kingston

筆者は外出時にカフェや駐車中の車内などで、空き時間を利用してiPhoneでKORG Gadgetアプリを利用して楽曲制作をしています。

前回はサンプルを自由に使えるドラムマシンガジェットを紹介してきました。

KORG GadgetのDrum Machine Recifeに収録された大量のドラムサンプルがかなり使える!
KORG GadgetのRecifeは収録された大量のドラムサンプルを読み込み可能なドラムマシンガジェットです。ドラムキット選択方法、ドラムサンプル読み込み方法、各種音色設定方法など画像付きで詳しく説明しています。

チップチューンやゲームサウンドのシンセサイザーは、ダンスミュージックなど楽曲の中に取り入れると雰囲気が変わってかなり楽しいです。

楽曲全てに使うことはないですが、筆者はガジェット「Kingston」を楽曲のスパイスとして使うことがけっこうあります。

KORG Gadgetの「Kingston」は、シンプルな設定画面で直感的に操作することができるゲームサウンドガジェットとなっており、初心者の方にもおすすめです。

今回は、「Kingston」の詳しい使い方を説明していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

もくじ

この記事の流れです。

KORG Gadget ダウンロード

KORG Gadgetは有料のiPhone、iPadアプリとなっており下記よりダウンロード可能です。

‎最高のモバイル楽器コレクション。 オールインワン音楽制作アプリ「KORG Gadget」。 • Appleの「App Store Best of 2014 今年のベスト」に選出 • App Store 有料アプリ総合ランキング1位を獲得! • 世界各国のApp Store有料アプリのミュージック部門1位を獲得* •...
2018年09月現在で、4,800円となっておりIOSアプリとしては高いですが、音が非常に良いのでモバイルでDTMをやる方にはおすすめです。

機能限定版で無料のKORG Gadget Leもあります。

‎最高のモバイル楽器コレクション。 無料の Lite 版で KORG Gadget の魅力を体験。 オールインワン音楽制作アプリ「KORG Gadget Le」。 すべての方に KORG Gadget を体験していただくために、無料でダウンロードできる Lite 版「KORG Gadget Le」を用意しました。使え...

KORG Gadget Kingston ガジェットの使い方

早速、KORG Gadget Kingstonガジェットの使い方を説明していきます。

EDIT

Korg-Gadget-Kingston

WAVEFORM

オシレーターを5つの波形から選択することが可能です。

TRANSPOSE

オシレーターのピッチを選択することが可能です。

ENVELOPE

アタック、ディケイ、サステイン、リリースを設定することが可能です。

RUN

Kingstonガジェットはこの「RUN」の設定と後述する「JUMP」の設定をすることで面白い効果が得られます。

直感的に設定できますので、調整しながらガジェット下部の鍵盤で弾いてみて、効果を確認してみてください。

Korg-Gadget-Kingston

TYPE

アルペジオのタイプを選択することが可能です。

SPEED

アルペジオのスピードを設定することが可能です。

RUNボタン

アルペジオのオン・オフを設定します。

JUMP

Korg-Gadget-Kingston

HEIGHT

音の高低が変化する量を設定することが可能です。

JUMPボタン

オンに設定すると、音の高低が変化します。

EFFECT

Korg-Gadget-Kingston

画面下部の「EFFECT」ボタンをタップすると、エフェクト画面に遷移します。

EQ、COMP、LOFI、RING、CHORUS・FLANGER、ENSEMBLE、PUMP、SHORT DELAY、BPM DELAY、HALL REVERB、GATE REVERBの11種類から選択可能です。

右側のスライダー1、スライダー2で2つのパラメーターを設定することが可能です。

設定可能なパラメーターは、設定したエフェクトによって変化します。

LEVEL

Korg-Gadget-Kingston

アウトプットレベルを設定することが可能です。

SOUND PROGRAM

Korg-Gadget-Kingston

サウンドプログラムとして、2018年9月現在で20種類のプリセットから選択することが可能です。

デモ音源

Korg-Gadget-Kingston

デモ音源として、以前に紹介したドラム音源の「LONDON」と「Kingston」ガジェットを3トラック分あわせて打ち込みました。

Korg-Gadget-Kingston

「Kingston」ガジェットの1トラック目は、サウンドプログラム「13: MOON BASS」を選択しています。

「C1」からのベースラインとしました。

Korg-Gadget-Kingston

「Kingston」ガジェットの2トラック目は、サウンドプログラム「10: POP LEAD」を選択しています。

「C3」からのCドリアンスケールで、フランジャーとディレイのエフェクトをかけています。

Korg-Gadget-Kingston

「Kingston」ガジェットの3トラック目は、サウンドプログラム「18: LAST BOSS」を選択しています。

「RUN」と「JUMP」の設定を行っていますので、かなり面白い効果の音色になっているかと思います。

「Kingston」ガジェットの3トラックを、2小節ごとに順番に追加しています。

SoundCloudにアップしましたので、聴いてみてください。

まとめ

「Kingston」ガジェットは、オシレーターの波形の選択と、「RUN」と「JUMP」の設定を行うことで、かなり面白いゲームサウンドを簡単に作ることが可能です。

ぜひ楽曲に取り入れてみてください。

icon-arrow-circle-down ドラムマシン「London」の使い方は、下記参照してください。

KORG Gadget LeアプリのドラムマシンLondonでリズムトラックを超簡単に作れる!
KORG Gadget Leアプリは無料のiPhone iPad用DTM・DAWアプリとなっています。KORG Gadget内のドラムマシンLondonは高音質で設定や入力も簡単に行うことができます。設定方法を画像付きで詳しく説明していきます。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

トップへ戻る