シェアする

KORG GadgetのDrum Machine Recifeに収録された大量のドラムサンプルがかなり使える!

korg-gadget-recife

筆者は外出時にカフェや駐車中の車内などで、空き時間を利用してiPhoneでKORG Gadgetアプリを利用して楽曲制作をしています。

前回はコンパクトなアナログ・ドラム音源ガジェットを紹介してきました。

KORG Gadgetのアナログパーカッションシンセ音源 Tokyoのパラメータ操作が直感的で楽しい!
KORG GadgetのTokyoはアナログ式のドラム音源モジュール・ガジェットで直感的な音色設定操作が可能です。チューニングやディケイの設定、パンチやノイズの設定方法など画像付きで詳しく説明しています。

KORG Gadgetにドラム音源は数多くありますが、素早く好みに近いドラムキットを選択して打ち込んでいくことができるガジェット「Recife」を筆者は重宝して使っています。

「Recife」は、30種類のドラムキットから選択可能で、収録されたサンプルを自由に組み合わせて使えるドラムマシンガジェットとなっています。

今回は、「Recife」の詳しい使い方を説明していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

もくじ

この記事の流れです。

KORG Gadget ダウンロード

KORG Gadgetは有料のiPhone、iPadアプリとなっており下記よりダウンロード可能です。

‎最高のモバイル楽器コレクション。 オールインワン音楽制作アプリ「KORG Gadget」。 • Appleの「App Store Best of 2014 今年のベスト」に選出 • App Store 有料アプリ総合ランキング1位を獲得! • 世界各国のApp Store有料アプリのミュージック部門1位を獲得* •...
2018年08月現在で、4,800円となっておりIOSアプリとしては高いですが、音が非常に良いのでモバイルでDTMをやる方にはおすすめです。

機能限定版で無料のKORG Gadget Leもあります。

‎最高のモバイル楽器コレクション。 無料の Lite 版で KORG Gadget の魅力を体験。 オールインワン音楽制作アプリ「KORG Gadget Le」。 すべての方に KORG Gadget を体験していただくために、無料でダウンロードできる Lite 版「KORG Gadget Le」を用意しました。使え...

KORG Gadget Recife ガジェットの使い方

早速、Drum Machine Recifeガジェットの使い方を説明していきます。

KIT PROGRAM

korg-gadget-recife

キットプログラムとしてあらかじめ設定された30種類のプリセットからドラムキットを選択することが可能です。

様々なジャンルに対応しているので、イメージに近いプリセットを選択した後で、後述する入れ替えたいサンプルを選択するのがおすすめです。

ドラムサンプル選択

korg-gadget-recife

16個のパッドを叩くと、波形が表示されます。

波形部分をタップすると、ドラムサンプルを選択することが可能です。

Kick、Snare、Clap、C Hat、O Hat、Tom、Cym、Perc、Hit、Vocal、SE、Loopのカテゴリーで、各数十種類あるサンプルから絞り込んで選択することが可能です。

時間はかかってしまいますが、バスドラムやスネア、ハイハットなどは全部聞いて、好みのサンプルをメモしておくことをおすすめします。

ドラムサンプル各種設定

korg-gadget-recife

START・LENGTH

サンプルを選択したあとで、サンプル再生が始まる部分をSTARTノブで選択します。

サンプル再生が終了する部分をLENGTHノブで選択します。

画像が分かり辛いですが、黒く反転している部分がサンプル再生される部分となります。

korg-gadget-recife

DECAY

ドラムサンプルの音の長さを設定することが可能です。

PITCH

ドラムサンプルの音の高さを設定することが可能です。

PAN

ドラムサンプルの左右の定位を設定することが可能です。

LEVEL

ドラムサンプルの音量を設定することが可能です。

korg-gadget-recife

SPEED・REPEAT

REPEAT(リピート)ボタンを点灯させると、SPEED(スピート)ノブで選択した速さでドラムサンプルがリピート再生されます。

korg-gadget-recife

ONE-SHOT

ワンショットボタンを点灯させると、MIDIノートの長さに関係なくドラムサンプルが全て再生されます。

REVERSE

リバースのオン、オフを設定することが可能です。

クラッシュシンバルやVocal、SEなどの逆再生を試してみてください。

GROUP A・B

パートをA系統、B系統でグループ化することが可能です。

オープンハイハットとクローズハイハットなど同時に鳴らないようにグループ化するのがおすすめです。

FX SEND

後述するMASTER FXへセンドするかどうかを設定することが可能です。

エフェクト設定

korg-gadget-recife

MASTER FX

2018年8月現在で26種類のエフェクトから選択することが可能です。

EDIT1・EDTI2

選択したエフェクトにより設定可能なパラメーターは変化しますが、2種類のパラメーターを設定することが可能です。

デモ音源

korg-gadget-recife

シンセ音源の「Berlin」、クラビガジェットの「Firenze」とRecifeガジェットをあわせて打ち込みました。

korg-gadget-recife

「Recife」ガジェットのサウンドプログラムとしては「01: Future Electronica」を選択しました。

korg-gadget-recife

Dドリアンスケールでベースラインを打ち込んでみました。

korg-gadget-recife

同じくDドリアンスケールでクラビフレーズを少しファンクっぽく打ち込んでみました。

前半は「Recife」ガジェットのみ、後半はクラビ、ベースラインと合わせた音源をSoundCloudにアップしました。

まとめ

Recifeガジェットは、各ドラムサンプルを自由に組み合わせてドラムキットを設定することで、様々な曲に合ったドラム音源となります。

いろいろなジャンルにおすすめですので、ぜひ試してみてください。

icon-arrow-circle-down ELECTRIBE WAVEアプリのドラムトラック打ち込み方法は下記参照してください。

KORG ELECTRIBE Waveアプリでダンスミュージックのドラムトラックを直感的に作れる!
KORG ELECTRIBE Waveは、iPhoneやiPadでダンスミュージックを非常に簡単に作ることができるアプリです。各ドラムパートの音色設定、エフェクト設定方法、打ち込み方等画像付きで詳しく説明しています。

icon-arrow-circle-down チップチューン、ゲームサウンド音源は下記参照してください。

KORG Gadget Kingstonのチップチューン・ゲームサウンドが直感的に使えて超楽しい!
KORG GadgetのKingstonは直感的に設定できるチップチューン・ゲームサウンドガジェットです。オシレーターの設定方法、RUNの設定方法、JUMPの設定方法など画像付きで詳しく説明しています。

icon-arrow-circle-down コンパクトなアナログドラム音源は下記参照してください。

KORG Gadgetのアナログパーカッションシンセ音源 Tokyoのパラメータ操作が直感的で楽しい!
KORG GadgetのTokyoはアナログ式のドラム音源モジュール・ガジェットで直感的な音色設定操作が可能です。チューニングやディケイの設定、パンチやノイズの設定方法など画像付きで詳しく説明しています。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

トップへ戻る