シェアする

Novation Grooveboxアプリで直感的・超簡単にかっこいい使えるストックフレーズが作れる!

Groovebox-App

筆者は、カフェなど外出先でiPhoneやiPadで楽曲のベースを作成することがかなり多いです。

外出先で曲のアイディアを練るので、直感的に使えるKORG iKaossilatorやFigureなど簡単にビートやメロディを作成できるアプリを重宝しています。

KORG iKaossilatorで直感的に楽曲制作できる!かっこいいトラックを3分で作る方法とは?
KORG iKaossilatorは指でパッドをなぞるだけで、直感的に楽曲制作でき非常に音も良いアプリとなっています。各トラックの音色、長さ、テンポなどの設定方法、作成方法を画像付きで詳しく説明しています。
ドラム・ベース・リードシンセで初心者でも簡単にビートが作れるFigureアプリが超楽しい!
Figureはドラム、ベース、リードシンセを使ったかっこいいリズムトラックを初心者の方でも簡単に作成できるアプリです。各パートの入力方法、エフェクト設定、ミックス方法、Alihoopa共有方法などを画像付きで詳しく説明しています。

Novation Grooveboxアプリは、KORG iKaossilatorやFigureと同様に、直感的に使えるフレーズを作れてアイディアを得ることが出来ますので、かなり使えるアプリとなっています。

今回は、Novation Grooveboxアプリの詳しい使い方を説明していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

もくじ

この記事の流れです。

Novation Groovebox アプリ ダウンロード

Novation GrooveboxはiPhone、iPad向け無料アプリとなっており下記よりダウンロード可能です。

‎「Groovebox」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットと詳細情報を確認することができます。「Groovebox」をダウンロードしてiPhone、iPad、iPod touchでお楽しみください。
アプリ内課金はあります。

Novation Groovebox アプリの使い方

早速、Novation Grooveboxの詳しい使い方を説明していきます。

New Project

Groovebox-App

アプリ左上の「 icon-reorder 」をタップして、「New Project」をタップすると新しい楽曲を作成することが可能です。

ドラムマシン・シンセ選択・フレーズ選択

Groovebox-App

アプリ下部にある「+」ボタンをタップして、ドラムやシンセの追加を行っていきます。

Groovebox-App

Novation Grooveboxでは、DRUMBOX、MINIMON、RETROBASS、POLY-8の4つのドラムマシン、シンセを使うことが可能です。

ここでは、DRUMBOXを選択してタップします。

Groovebox-App

無料で使えるフレーズやプリセット音色もけっこうあります。

赤囲み内のプリセット名をタップすると、リズムがスタートします。

気に入ったプリセット名が見つかったら、タップするごとにリズムフレーズが変化しますので、ある程度イメージにあったフレーズが再生されたら「LOAD」ボタンをタップします。

Groovebox-App

アプリ内課金で、フレーズやプリセット音色を追加購入することも可能です。

MIDIノート修正方法

ある程度イメージにあったフレーズを先ほど選択しましたが、MIDIノートを修正することが可能です。

Groovebox-App

「DRUMBOX」をタップします。

再生された状態から停止するには、上部の「■」ボタンをタップします。

Groovebox-App

アプリ上部の赤枠で囲ったボタンをタップします。

Groovebox-App

上記画面でMIDIノートの修正を行うことが可能です。

ピアノロール設定

ピアノロールの設定を行うことが可能です。

Groovebox-App

赤枠で囲ったボタンを選択してタップします。

Groovebox-App

デフォルトのボリュームを、Quiet、Normal、Loudの3種類から選択することが可能です。

また、ピアノロールの設定として、16分音符、32分音符、トライペット、細かいトライペットから選択してMIDIノート入力を行うことができます。

テンポ設定

Groovebox-App

アプリ上部の「 icon-ellipsis-horizontal 」をタップしたあと、「Tempo」をタップします。

Groovebox-App

icon-plus  icon-minus ボタンでテンポを設定することが可能です。

タップボタンを複数回タップして設定することもできます。

Swing(スイング)の度合いや、Normal、Heavyの設定を行うことも可能です。

キー設定

Groovebox-App

アプリ上部の「  」をタップしたあと、「Key」をタップします。

Groovebox-App

12キーから選択して、メジャー、マイナーやスケールの設定を行うことが可能です。

デモ音源

Groovebox-App

RETROBASS、MINIMON、POLY-8もDRUMBOXと同様に気に入ったプリセット名を何度かタップしてイメージに合ったフレーズを選択します。

Groovebox-App

修正したいMIDIノートがあれば、ピアノロールで修正や追加、削除を行います。

ミックスした音源をSoundCloudにアップしましたので、聴いてみてください。

まとめ

Novation Grooveboxは直感的にフレーズを入力していくことができますので、カフェなどの外出先で、楽曲のベースを作っておくのにかなり使えるアプリです。

細かい修正はMIDIノートをピアノロールで修正することも可能なので、イメージにあったフレーズを作成しておき、ストックしておくのがおすすめです。

icon-arrow-circle-down Novation Grooveboxで作ったフレーズを他アプリで使う方法は下記参照してください。

Novation Grooveboxアプリで作ったフレーズをGarageBandや他のDAWで使う方法とは?
Novation Grooveboxは直感的にフレーズを選択してリズムやメロディを作成できるiOSアプリです。ストックしたフレーズを他のアプリやパソコンのDAWで使う方法を画像付きで詳しく説明しています。

icon-arrow-circle-down 直感的にリズムやメロディを作成可能な下記アプリがあわせておすすめです。

KORG iKaossilatorで直感的に楽曲制作できる!かっこいいトラックを3分で作る方法とは?
KORG iKaossilatorは指でパッドをなぞるだけで、直感的に楽曲制作でき非常に音も良いアプリとなっています。各トラックの音色、長さ、テンポなどの設定方法、作成方法を画像付きで詳しく説明しています。
ドラム・ベース・リードシンセで初心者でも簡単にビートが作れるFigureアプリが超楽しい!
Figureはドラム、ベース、リードシンセを使ったかっこいいリズムトラックを初心者の方でも簡単に作成できるアプリです。各パートの入力方法、エフェクト設定、ミックス方法、Alihoopa共有方法などを画像付きで詳しく説明しています。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

トップへ戻る