シェアする

KORG Gadget Kievのスペーシーなワープサウンドがダンスミュージックにかなり使える!

Korg-Gadget-KIEV

筆者は外出時にカフェや駐車中の車内などで、空き時間を利用してiPhoneでKORG Gadgetアプリを利用して楽曲制作をしています。

前回はチルアウトや生楽器系の音楽に相性が良いガジェットを紹介しました。

KORG Gadget Helsinkiのローファイなパッドサウンドがチルアウトにかなり使える!
KORG GadgetのHelsinkiガジェットはチルアウト系や生楽器系の楽曲に合うパッドサウンドガジェットです。ローファイやジェネレーター、フィルター等の設定方法を画像付きで詳しく説明しています。

KORG Gadgetの「KIEV」は、スペーシーなワープサウンドを、オシレーターを組み合わせて作るシンセサイザーとなっており、ダンスミュージックに相性が良いガジェットとなっています。

筆者は、インパクトのあるワープサウンドを曲の盛り上がり部分や曲のスパイスとして使用することが多いです。

今回は、この「KIEV」ガジェットの詳しい使い方を説明していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

もくじ

この記事の流れです。

KORG Gadget ダウンロード

KORG Gadgetは有料のiPhone、iPadアプリとなっており下記よりダウンロード可能です。

‎最高のモバイル楽器コレクション。 オールインワン音楽制作アプリ「KORG Gadget」。 • Appleの「App Store Best of 2014 今年のベスト」に選出 • App Store 有料アプリ総合ランキング1位を獲得! • 世界各国のApp Store有料アプリのミュージック部門1位を獲得* •...
2018年10月現在で、4,800円となっておりIOSアプリとしては高いですが、音が非常に良いのでモバイルでDTMをやる方にはおすすめです。

機能限定版で無料のKORG Gadget Leもあります。

‎最高のモバイル楽器コレクション。 無料の Lite 版で KORG Gadget の魅力を体験。 オールインワン音楽制作アプリ「KORG Gadget Le」。 すべての方に KORG Gadget を体験していただくために、無料でダウンロードできる Lite 版「KORG Gadget Le」を用意しました。使え...

KORG Gadget Kiev ガジェットの使い方

早速、KORG Gadget KIEVの詳しい使い方を説明していきます。

OSC. MORPHOR

Korg-Gadget-KIEV

タッチパッド

タッチパッドをタップして(〇)の表示されている部分によって、オシレーターA、オシレーターB、オシレーターC、オシレーターDの音量バランスを設定することが可能です。

A/B DEPTH

オシレーターAとオシレーターBの音量バランスの変化する量を設定することが可能です。

A/B SPEED

オシレーターAとオシレーターBの音量バランスの変化するスピードを設定することが可能です。

C/D DEPTH

オシレーターCとオシレーターDの音量バランスの変化する量を設定することが可能です。

C/D SPEED

オシレーターCとオシレーターDの音量バランスの変化するスピードを設定することが可能です。

OSCILLATOR

Korg-Gadget-KIEV Korg-Gadget-KIEV

オシレーターA、オシレーターB、オシレーターC、オシレーターDの波形を選択することが可能です。

Korg-Gadget-KIEV

オシレーターの名前部分をタップすると、オシレーターA、B、C、Dの波形を表形式で選択することが可能です。(黄色反転しているのが設定されている波形)

かなり多くの波形を選択することが可能なので、時間がある際にいろいろな組み合わせを試してみて下さい。

PICTH

オシレーターA、オシレーターB、オシレーターC、オシレーターDのピッチを半音単位で設定することが可能です。

TUNE

オシレーターA、オシレーターB、オシレーターC、オシレーターDのピッチをプラスマイナス100セント単位で設定することが可能です。

FILTER / AMP 切り替え

Korg-Gadget-KIEV

ガジェット上部のボタンで、フィルター・アンプ設定に切り替えることが可能です。

タッチパッド

Korg-Gadget-KIEV

CUTOFF

横軸でフィルターのカットオフ周波数を調整することが可能です。

PEAK

縦軸でフィルターのレゾナンスを調整することが可能です。

FILTER ENVELOPE

Korg-Gadget-KIEV

ローパスフィルター、ハイパスフィルター、バンドパスフィルターから選択して、カットオフ周波数へのモジュレーション量を設定することが可能です。

また、フィルターエンベロープのアタックタイム、ディケイタイム、サステインレベル、リリースタイムを設定することが可能です。

EFFECT TYPE

Korg-Gadget-KIEV

エフェクトのタイプを25種類から選択可能です。

また、EDIT1、EDIT2のパラメーターを設定することが可能です。

エフェクトによってEDIT1、EDIT2で設定可能なパラメーターは変化します。

MASTER

マスター出力音量を設定することが可能です。

AMPLIFIER ENVELOPE

アンプエンベロープのアタックタイム、ディケイタイム、サステインレベル、リリースタイムを設定することが可能です。

SOUND PROGRAM

Korg-Gadget-KIEV

プリセット音色として、2018年10月現在で80種類のサウンドプログラムが用意されています。

デモ音源

Korg-Gadget-KIEV

デモ音源として、「KIEV」ガジェットを4トラックとRecifeを1トラック打ち込みを行いました。

Korg-Gadget-KIEV

「KIEV」の1トラック目は、ベーストラックを打ち込んでいます。プリセットとしては、「10: Carribean」を選択しています。

Korg-Gadget-KIEV

「KIEV」の2トラック目は、コードトラックを打ち込んでいます。プリセットとしては、「15: Kiev-Haus」を選択しています。

Korg-Gadget-KIEV

「KIEV」の3トラック目は、リードトラックを打ち込んでいます。プリセットとしては、「38: Move Lead」を選択しています。

Korg-Gadget-KIEV

「KIEV」の4トラック目は、アンビエントトラックを打ち込んでいます。プリセットとしては、「38: Found Sound 1 FX」を選択しています。

Korg-Gadget-KIEV

「Recife」のドラムトラックはかなりシンプルに打ち込んでいます。

SoundCloudにアップしました。

1トラック目から4トラック目まで順番にトラックが追加されるようにデモを作成しましたので、聴いてみてください。

まとめ

KORG Gadgetの「KIEV」は、4種類のオシレーターの設定を行うことで、ダンスミュージックにあうスペイシーなサウンドを作ることができるガジェットとなっています。

楽曲のインパクトある音色としてかなり使えるガジェットとなっていますので、ぜひ使ってみてください。

icon-arrow-circle-down ローファイなパッドサウンドのガジェットは下記記事を参照してください。

KORG Gadget Helsinkiのローファイなパッドサウンドがチルアウトにかなり使える!
KORG GadgetのHelsinkiガジェットはチルアウト系や生楽器系の楽曲に合うパッドサウンドガジェットです。ローファイやジェネレーター、フィルター等の設定方法を画像付きで詳しく説明しています。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

トップへ戻る