シェアする

KORG ELECTRIBE Waveアプリでダンスミュージックのドラムトラックを直感的に作れる!

KORG-ELECTRIBE-Wave

筆者は外出時にカフェや駐車中の車内などで、空き時間を利用してiPhoneアプリを利用して楽曲制作をしています。

新しくリリースされたKORGのELECTRIBE Waveアプリはかっこいいドラムトラックを直感的に作ることが可能です。

ELECTRIBE Waveは、iPhoneやiPadでダンスミュージックを非常に簡単に作ることができますので初心者の方にもおすすめです。

今回は、ELECTRIBE Waveアプリでドラムを打ち込む方法を説明していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

もくじ

この記事の流れです。

KORG ELECTRIBE Wave ダウンロード

KORG ELECTRIBE Waveは有料のiPhone、iPadアプリとなっており下記よりダウンロード可能です。

‎ソフトウェアでさらなる進化。強力なウェーブテーブル音源。 最先端のダンス・ミュージックが制作できる、次世代ELECTRIBE。 1999年に登場した ELECTRIBE シリーズ。直感的な操作性でスピーディにトラック・メイクできるコンセプトを継承しながら、その時代に適したサウンド・スタイルへ対応してきました。 ハ...

KORG ELECTRIBE Wave ドラムの打ち込み方

早速、ELECTRIBE Waveアプリでドラムを打ち込む方法を説明していきます。

DRUMボタン・D1~D4・D5A~D6Bボタン

DRUMボタンをタップすることでD1、D2、D3、D4、D5A、D5B、D6A、D6Bの8つのドラムパートを打ち込むことが可能です。

KORG-ELECTRIBE-Wave

8つのドラムパートを選択してタップし、アプリ下部の1~16のボタンをタップすることで、打ち込んでいくことが可能です。

1小節が16分音符分として表示されていますので、4つ打ちでバスドラムを打ち込む場合は、1、5、9、13をタップすることで入力することが可能です。

D5AとD5B、D6AとD6Bはグループ化されているので、後者を優先してモノフォニックで発音しますので、オープンハイハット、クローズドハイハットなどをグループ化することができます。

ドラムパート音色選択

KORG-ELECTRIBE-Wave

SOUNDタブの上部赤枠部分をタップすることで、D1、D2、D3、D4、D5A、D5B、D6A、D6B各パートの音色を選択することが可能です。

ドラムパート音色エディット

KORG-ELECTRIBE-Wave

8つの各ドラムパートのGATE・EG選択、GATE TIME設定、ピッチ設定、レベル設定を行うことが可能です。

REVERSEボタンをタップするとリバースさせることが可能です。

ドラムパート音色エフェクト

KORG-ELECTRIBE-Wave

IFXのエフェクトの名称部分をタップするとドラムの各パートにエフェクトをかけることが可能です。

エフェクトで調整可能なパラメーターは、選択したエフェクトによって変化します。

ここでは「CHORUS」エフェクトを選択していますが、「SPEED」「DEPTH」を設定することが可能です。

2018年11月現在で29種類のエフェクトから選択することが可能です。

パターン設定

KORG-ELECTRIBE-Wave

アプリ上部のSONG、PTNボタンで、ソングとパターンの切り替えを行います。

パターン名(F01:Test1部分)をタップするとパターンの設定を行うことが可能です。

KORG-ELECTRIBE-Wave

A~Jまで10バンク、各バンクに16パターンを設定することが可能です。

A~Eのバンクまではあらかじめパターンが初期状態で設定されています。

各パターンのテンポ(TAPでも設定可能)、LENGTH(小節数)、LAST STEP(1小節当たりのステップ数)、SWING、BEAT TYPE(16, 32, 8T, 16T)を設定することが可能です。

設定が完了したら、「SAVE」ボタンをタップして保存したいパターンをタップします。

KORG-ELECTRIBE-Wave

Name、Tag、Authorを入力して、「SAVE」ボタンをタップして保存します。

シーケンス設定

KORG-ELECTRIBE-Wave

上部「SEQUENCE」ボタンを設定します。

ROLL

各ステップで何回連打するかを設定することが可能です。

VELOCITY

各ステップの音の強さを設定することが可能です。

GROOVE TYPE

曲にグルーブ感を与えるグループタイプを選択することが可能です。

KORG-ELECTRIBE-Wave

上記25種類から選択をすることができます。

DEPTH

GROOVEの深さをスライダーで調整することが可能です。

調整すると、下部の発音タイミングや音量が変化しますので視覚的にも効果を確認することができます。

デモ音源

KORG-ELECTRIBE-Wave

4小節ドラムパターンを打ち込んでみました。

慣れると本当に簡単に打ち込むことができるようになります。


SoundCloudにアップしてみましたので、聴いてみてください。

まとめ

KORGのELECTRIBE Waveアプリは、主にダンスミュージックのドラムパターンを、非常に簡単に打ち込むことが可能です。

リズムトラックを作りこむのがかなり楽しいので、ぜひ外出先でiPhoneやiPadで試してみてください。

icon-arrow-circle-down KORG ELECTRIBE Waveでシンセやピアノのコードを簡単に打ち込む方法です。

KORG ELECTRIBE Waveアプリで超簡単にコード入力をする3つの方法とは?
KORG ELECTRIBE Waveは、iPhoneやiPadで非常に簡単にシンセサイザーやピアノなどのコードを入力することが可能です。3つのコード入力方法を画像付きで詳しく説明しています。

icon-arrow-circle-down KORG Gadgetでドラムトラックを打ち込む方法は下記参照してください。

KORG Gadget LeアプリのドラムマシンLondonでリズムトラックを超簡単に作れる!
KORG Gadget Leアプリは無料のiPhone iPad用DTM・DAWアプリとなっています。KORG Gadget内のドラムマシンLondonは高音質で設定や入力も簡単に行うことができます。設定方法を画像付きで詳しく説明していきます。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

トップへ戻る