シェアする

KORG iKaossilatorのNoteがグリッド表示可能に!表示変更する方法とは?

KORG-iKaossilator-Note-Grid

筆者は外出時にカフェや駐車中の車内などで、空き時間を利用してiPhoneアプリを利用して楽曲制作をしています。

前回は、KORG iKaossilatorアプリに他アプリで作ったループ素材をコピーして、簡単に使う方法を説明しました。

KORG iKaossilatorへ他アプリで作ったループ素材をコピーして超簡単に使う方法とは?
KORG iKaossilatorアプリはかなり音が良い直感的に操作可能なアプリとなっていますが標準で使える音色には限りがあります。今回は、他のアプリで作ったループ素材を取り込む方法を画像付きで詳しく説明していきます。

2019年4月12日にKORG iKaossilatorアプリがバージョン 3.1.4にアップデートして、 Noteのグリッドをパッド状に表示変更するオプションが追加されました。

意図しない音を演奏してしまうことが結構あり録音し直すことも多かったのですが、目安のグリッドが表示されることになり、かなり演奏しやすくなりました。

今回は、KORG iKaossilatorアプリでNoteのグリッドをパッド状に表示変更する方法を画像付きで詳しく説明していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

もくじ

この記事の流れです。

KORG iKaossilatorアプリ ダウンロード

KORG iKaossilatorはiPhone、iPad、Android向けの有料アプリとなっており、下記よりダウンロード可能です。

‎手のひらサイズのシンセサイザーKAOSSILATORがアプリになって登場! KORG iKaossilatorは指一本で感覚的にトラック・メイクできるシンセサイザーです。音楽的な知識はなくとも, タッチ・パッドをなぞったり, 叩いたり, 擦ったりするだけで演奏することができます。指先ひとつで簡単に演奏できるスタイル...
A mobile synthesizer app for Android OS. "KORG Kaossilator for Android" is a synthesizer app that lets anyone enjoy full-fledged instrumental performance simpl...

Noteのグリッドをパッド状に変更する方法

早速、KORG iKaossilatorアプリでNoteのグリッドをパッド状に表示変更する方法を説明していきます。

KORG-iKaossilator-Note-Grid

設定変更を行うと音と音の切れ目が表示されるため、意図しない音を演奏しずらくなります。

KORG-iKaossilator-Note-Grid

アプリ右上部にある「 icon-gear 」をタップして、「Other Settings」をタップします。

KORG-iKaossilator-Note-Grid

「Settings」メニューが表示されますので、「Note Grid」のスイッチをオン(右側にスライド)して「Close」ボタンをタップすると設定が完了します。

Note グリッドのその他留意事項

KORG iKaossilatorアプリでNoteのグリッドをパッド状に表示変更した場合の留意事項を説明していきます。

ルートNoteは色分けされない

KORG-iKaossilator-Note-Grid

スケールのルートNoteが色分けされるわけではなく、あくまで音程ごとのグリッドが表示されるのみとなります。

上記はドリアンスケールの例ですが、赤枠で囲った部分がルートノートとなります。

キーを変更しても、ルートノートの場所は変更されませんでした。

ルートNoteはスケールを変更しても、基本的には一番左のノート、真ん中のノート、一番右のノートとなっております。

Noteグリッド数はスケールにより変化する

Noteのグリッドに表示される数は、スケールにより変化します。

先ほどのドリアンスケールは15音ノートが表示されており、7音ごとにルートノートを演奏することが可能でした。

KORG-iKaossilator-Note-Grid

クロマチック(Chromatic)スケールの場合は、25音ノートが表示されます。

12音ごとにルートノートを演奏することが可能です(赤枠囲み部分)

KORG-iKaossilator-Note-Grid

5thスケールの場合は、5音ノートが表示されます。

赤枠部分がルートノートとなります。

スケールの変更方法

以前にKORG iKaossilatorアプリの基本的な使い方を説明しましたが、スケールの変更方法を再度説明していきます。

KORG iKaossilatorで直感的に楽曲制作できる!かっこいいトラックを3分で作る方法とは?
KORG iKaossilatorは指でパッドをなぞるだけで、直感的に楽曲制作でき非常に音も良いアプリとなっています。各トラックの音色、長さ、テンポなどの設定方法、作成方法を画像付きで詳しく説明しています。

KORG-iKaossilator-Note-Grid

アプリ下部のスケールが表示されている部分(ここでは「D 5th」)をタップします。

KORG-iKaossilator-Note-Grid

Scale(スケール)を、Chroma、Ionian、Dorian、Phrygi、Lydian、Mixlyd、Aeolia、Locria、mHarmo、mMelod、MBlues、mBlues、Dim、ComDim、MPenta、mPenta、Raga1、Raga2、Raga3、Arabia、Spain、Gypsy、Egypt、Hawaii、Pelog、Japan、Ryukyu、China、Bass、Whole、m3rd、M3rd、4th、5th、Octaveから選択してタップし、変更します。

オクターブの高さを「+」もしくは「-」をタップして変更します。

Key(曲のキー)を「C」~「B」をタップして変更します。

スケール変更した後はグリッド数が変化しますので、確認してみてください。

まとめ

KORG iKaossilatorアプリでNoteのグリッドをパッド状に表示変更すると、演奏ミスが格段に減ります。

ぜひ設定変更の上スケールを設定して、演奏してみてください。

icon-arrow-circle-down KORG iKaossilatorアプリで作成したトラックを他アプリにコピーする方法です。

KORG iKaossilatorで作成したトラックをGarageBandなど他アプリにコピーして使うには?
KORG iKaossilatorは直感的に指でなぞるだけでループ・トラック作成できる非常に音が良いアプリです。オーディオコピー方法、各トラックごとの書出し方法、Dropboxへ保存方法など画像付きで詳しく説明しています。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

トップへ戻る