シェアする

iPhone GarageBandのビートシーケンサーを使えばドラムが超簡単に打ち込める!

garageband

iPhoneのGarageBandアプリにビートシーケンサー機能が追加されました。

ビートシーケンサーを使うと、かなり簡単にドラムのリズムを打ち込むことが可能です。

今回は、ビートシーケンサーの使い方を詳しく説明していきます。

icon-arrow-circle-down バーチャルセッションDrummerの使い方は下記参照してください。

GarageBand iPhoneアプリでバーチャル セッションDrummerを使う詳しい方法とは?
iPhone・iPad向けのGarageBandアプリが初心者や、ギターやベースなどの弦楽器を弾く方に特におすすめです。セッションDrummerの設定方法、リージョンごとの変更方法など画像付きで詳しく説明しています。
スポンサーリンク
レクタングル(大)

もくじ

この記事の流れです。

GarageBand アプリ ダウンロード

GarageBandはiPhone、iPad向けの無料アプリとなっており、下記よりダウンロード可能です。

‎GarageBandがあれば、あなたのiPadとiPhoneが多彩なTouch Instrumentのコレクションと、プロ並みの設備を持つレコーディングスタジオに変身。どこにいても、自由に音楽制作が楽しめます。Live Loopsを使えば、DJスタイルの音作りも簡単です。楽器に触ったことがない人でも、マルチタッチジェ...

ビートシーケンサーの使い方

早速、ビートシーケンサーの使い方を説明していきます。

ビートシーケンサーの立ち上げ方法

garageband

GarageBandの初期画面から右上の「+」ボタンをタップします。

garageband

TRACKS ⇒ DRUMSを選択して、下部の「ビートシーケンサー」をタップします。

garageband

ビートシーケンサー画面が立ち上がります。

ビートシーケンサー サンプルデモ

garageband

アプリ下部左側の「ビートシーケンサー」ボタンをタップすると、サンプルデモを確認することが可能です。

打ち込みの参考にいくつか選択して確認してみると、イメージできるかと思います。

ビートシーケンサーの打ち込み方

garageband

上から、バスドラム、スネア、ハイハットクローズ、ハイハットオープンと並んでいますので、16ステップで鳴らしたい場所をタップして入力していきます。

アプリ下部の「ステップ オン/オフ」が点灯している状態で、1回タップするとノートが追加されて、もう一度タップするとノートが削除されます。

icon-arrow-circle-down 他のアプリですが、リズムのステップ入力方法は下記参照してください。

おすすめのドラムマシンアプリ!DM1で超簡単にリズムトラックを打ち込む基本的な方法
DM1は99種類のドラム音源を備えた非常に簡単にリズムを打ち込むことが出来るドラムマシンアプリです。アプリの使用と基本的な使い方、他アプリへの共有方法、SoundCloudへのアップ方法など画像付きで詳しく説明しています。

キットピースの追加方法

キットピースの追加方法を説明していきます。

garageband

アプリ下部の「+」ボタンをタップします。

garageband

追加したいキットピースの右側にある「▶」ボタンをタップするとリズム音を視聴することが可能です。

キットピースをタップすれば、追加されます。

ドラムキットの変更方法

ドラムキットの変更方法を説明していきます。

garageband

アプリ上部の「▼」ボタンをタップします。

選択されているドラムキットが表示されますので、上記の例だと「Modern 808」をタップします。

garageband

選択可能なドラムキットが表示されますので、変更したいドラムキットをタップすれば変更可能です。

ベロシティ変更方法

各ノートのベロシティ(音量)の変更方法を説明していきます。

garageband

アプリ下部の「▲」ボタンをタップして「Velocity」をタップします。

garageband

各MIDIノートを長押しして、上下にスワイプすると音量を変更することが可能です。

ノートリピート変更方法

garageband

ベロシティと同じく、アプリ下部の「▲」をタップして「ノートリピート」をタップします。

garageband

変更したいノートを長押しして、上下にスワイプするとノート数を変更可能です。

ノートリピートは分かりずらいかもしれませんが、3ノートに変更すると3連符になります。

チャンス変更方法

garageband

ベロシティと同じく、アプリ下部の「▲」をタップして「チャンス」をタップします。

garageband

変更したいノートを長押しして、上下にスワイプするとチャンスのパーセンテージを変更可能です。

パーセンテージによって、指定したMIDIノートが発音される確率が変わりますので、小節によりバリエーションを変更することが可能です。

ループ開始/終了変更方法

garageband

ベロシティと同じく、アプリ下部の「▲」をタップして「ループ開始/終了」をタップします。

garageband

各ドラムピースの左端、右端を左右に動かすと、ループさせる場所を変更することが可能です。

ドラムパターン自動作成方法

ドラムパターンを自動で作成することが可能です。

garageband

アプリ下部のサイコロボタンをタップします。

garageband

赤枠で囲った場所を含めて、かなりリズムが変わっていることが確認できます。

ビートシーケンサー録音方法

作成したドラムループを録音する方法を説明していきます。

garageband

アプリ上部の「●」録音ボタンをタップすると、トラックにリズムループが録音されます。

バリエーションを変更するために、先述した「チャンス」を使うのがおすすめです。

garageband

もちろん、録音されたリージョンは後から修正することが可能です。

まとめ

ビートシーケンサーで作ったリズムにマイルスデイビスの曲のメロディをGarageBand音源のギターで入力して、ベース、エレピを追加してみました。

ビートシーケンサーは初心者の方でも直感的に、ドラムトラックを作成することができますので、非常におすすめです。

icon-arrow-circle-down GarageBandの基本的なMIDI入力方法は下記参照してください。

GarageBandのDRUMMER Smart Bass Smart Pianoを使って10分でリズムトラックを作成する方法
GarageBandのDRUMMERやSmart機能は非常に簡単で曲のスケッチをしておくのにかなり便利です。DRUMMERやSmart Bass、Smart Pianoを使って、超簡単にバックトラックを作成する方法を画像付きで説明しています。

icon-arrow-circle-down 下記アプリもリズムトラックを作成するのに動作も軽くて非常に便利です。

Causticアプリのリズムトラック打ち込みは簡単&動作が軽くて超おすすめ!
Causticアプリは非常に軽い動作で簡単にリズムトラックを作成することが可能です。トラック音源の選択方法、シーケンサーの使い方、MIDIデータ入力方法などの使い方を、画像付きで詳しく説明しています。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

トップへ戻る