シェアする

直感的に楽曲作成できるXynthesizrシーケンサーで他の音源アプリを鳴らす方法とは?

Xynthesizr

前回は、視覚的・直感的に楽曲制作可能なXynthesizrの打ち込み方を説明しました。

シンセサイザー音源のオシレーターやフィルター、エンベロープなどを自分で調整することができ、エフェクトをかけることも可能なのですごく便利で楽しいアプリです。

視覚的 直感的にトラック作成ができる32ステップシーケンサー Xynthesizrが超楽しい!
Xynthesizrは視覚的、直感的にトラック制作可能なiPhone・iPadアプリでかなり楽しいです。シンセ設定方法、シーケンサー設定方法、ベロシティ等各種設定方法を画像付きで詳しく説明していきます。

XynthesizrでiPhoneやiPadにインストールされている他の音源のアプリを鳴らすことができますので、一般的なシーケンサーとしても使うことができます。

視覚的に打ち込んで、気に入っている音源を鳴らすことができますので非常に楽しいです。

今回は、他音源アプリへの接続方法、鳴らし方について画像付きで詳しく説明していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

もくじ

この記事の流れです。

Xynthesizr アプリ ダウンロード

XynthesizrはiPad、iPhone向けの有料アプリとなっており下記よりダウンロード可能です。

Streamlined yet capable 32-step matrix pattern sequencer/synthesizer with generative features for iPad and iPhone

Xynthesizr 他音源アプリの使い方

早速、他の音源アプリへの接続方法、使い方を説明していきます。

前回同様に、iPad画面で説明していきます。

Xynthesizr

前回も説明しましたが、Xynthesizrでは指定したスケールのオクターブごとに色分けされています。

スケールの設定方法

Xynthesizr

アプリ下部にある「SEQ」をタップして、「SCALE」部分をタップするとあらかじめプリセットされたスケールを選択することができます。

メジャー、マイナー、ペンタトニック、メロディックマイナーなど基本的なスケールはあらかじめプリセットに入っています。

スケールの新規作成

プリセットにないスケールも選択することが可能です。

Xynthesizr

まずはじめに、上部にある「Custom」をタップします。

Xynthesizr

上部にあるステップを追加して、オクターブの音数を増やしていきます。

スケール名を入力して、アプリ上部にある「Save」でスケールを保存することが可能です。

ステップ間のインターバルを半音単位で設定していく仕様となっています。

Xynthesizr Xynthesizr

例えば、メジャーセブンスコードであれば、STEP1のインターバルは「4」、STEP2のインターバルは「3」、STEP3のインターバルは「4」、STEP4のインターバルは「1」ということになります。

Cの(KEY)キーでC、E、G、Bが表示されたことが確認できます。

プリセットにない音階をぜひ作成してみてください。

Thumbjamアプリへ接続

例として、Thumbjamアプリへ接続する方法を説明していきます。

thumbjam

Xynthesizrで打ち込みを行った5オクターブ分の音色を、Thumbjamで設定しました。

Xynthesizr

アプリ下部にある「MIDI」をタップするとMIDI設定画面となります。

Virtual Outputの「NOTES OUT」とThumbJamの「NOTES OUT」をタップして選択します。

次に、「Output Channel Mapping」をタップします。

Xynthesizr

先ほど5オクターブ分のMIDIノートを入力しましたので、各オクターブのMIDIチャンネルを1~5に設定を行いました。

MIDIチャンネル1のノートがThumbJamの「1: Bass Plucked」を鳴らす設定となります。

チャンネル2以降もThumbJamで設定した音色が鳴る設定となります。

ドラムマシン DM1 アプリを鳴らす方法

ドラムマシンのDM1アプリを同期して鳴らす方法を説明していきます。

DM1

DM1アプリ側であらかじめリズムを打ち込んでおきます。

DM1の打ち込み方法については、下記記事を参照してください。

おすすめのドラムマシンアプリ!DM1で超簡単にリズムトラックを打ち込む基本的な方法
DM1は99種類のドラム音源を備えた非常に簡単にリズムを打ち込むことが出来るドラムマシンアプリです。アプリの使用と基本的な使い方、他アプリへの共有方法、SoundCloudへのアップ方法など画像付きで詳しく説明しています。

DM1

DM1側のMIDI設定で「MIDI ON」に設定を行い、「DM1 RECEIVES MIDI FROM」の項目はXynthesizrの「TEMPO」をタップしてONにしておきます。

Xynthesizr

Xynthesizr側では、同じくMIDI設定でVirtual Outputの「CLOCK OUT」とDM1の「CLOCK OUT」をONに設定します。

この設定で、Xynthesizrの再生を行うと、DM1であらかじめ打ち込んだリズムが鳴り、Thumbjamアプリの音色と同期して再生することが可能です。

まとめ

Xynthesizr内のシンセサイザーだけでも視覚的に打ち込めてかなり楽しいアプリですが、他のアプリの音色や、ドラムマシンと同期することでさらに楽曲のイメージを広げることができます。

初心者の方にもおすすめのアプリなので、ぜひチャレンジしてみてください。

icon-arrow-circle-down Xynthesizrの基本的な打ち込み方法は下記参照してください。

視覚的 直感的にトラック作成ができる32ステップシーケンサー Xynthesizrが超楽しい!
Xynthesizrは視覚的、直感的にトラック制作可能なiPhone・iPadアプリでかなり楽しいです。シンセ設定方法、シーケンサー設定方法、ベロシティ等各種設定方法を画像付きで詳しく説明していきます。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

トップへ戻る