シェアする

GarageBand iPhoneアプリでバーチャル セッションDrummerを使う詳しい方法とは?

GarageBand

筆者は生音系のトラックを作るのに、iPhoneアプリのGarageBandを良く利用しています。

もちろん、パソコンのDAWと専用音源を使った音色にはかなわないとは思いますが、エレピやオルガン、バイオリンベースの音色は気に入っていて、そのまま音声データとして使うこともあります。

iPhoneのGarageBandはMIDIデータをエクスポートできないので、音声データを利用しています。

打ち込みの初心者で弦楽器(ギターやベース等)を弾ける方に特におすすめです。

前回まで数回にわたって紹介したMusic Studioアプリは、あくまで外出時のMIDIデータ入力用として使っていて、パソコンで鳴らす音源を入れ替えます。

Music Studio iPhoneアプリでMIDIドラム音源の基本的な打ち込み方法とは?
外出時やカフェなどで、MIDIデータを簡単に打ち込めるMusic Studioアプリを紹介しています。プロジェクト作成方法、ピアノロールのMIDIデータ入力方法、テンポ変更方法など画像付きで詳しく説明しています。

今回は、GarageBandのバーチャルDrummerの使い方を詳しく説明していきます。

ドラムの打ち込みが面倒な方や、デモを作成するときなどにおすすめします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

もくじ

この記事の流れです。

GarageBand アプリ ダウンロード

GarageBandはiPhone、iPad向けの無料アプリとなっており、下記よりダウンロード可能です。

「GarageBand」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットと詳細情報を確認することができます。「GarageBand」をダウンロードしてiPhone、iPad、iPod touchでお楽しみください。

セッション Drummer の使い方

早速セッションDrummerの使い方を説明していきます。

エレクトロニックDrummer

GarageBand

エレクトロニックとして、EDMの「Magnus」、Tech Houseの「Leah」、Dubstepの「Jasper」、Trap Hip Hopの「Dez」、Boom Bap Hip Hopの「Maurice」の5人から選択可能です。

アコースティックDrummer

GarageBand
アコースティックとして、Rockの「Kyle」、Rockの「Logan」、Songwriterの「Darcy」、Songwriterの「Mason」の4人から選択することが可能です。

icon-arrow-circle-down 下記からそれぞれのDrummerのデモを聞くことができますので、けっこうリアル!なので、ぜひ聞いてみて下さい。

新しいSONGの作成

GarageBandで新しいSONGを作成する方法を簡単に説明していきます。

GarageBand

アプリ左上部の「+」ボタンをタップします。

GarageBand

「新しい曲を作成」をタップします。

GarageBand

ギター、ベース、ピアノやアンプなど様々な楽器を選択する画面となりますので、左右にスワイプしてDrummerを表示させます。

アコースティック、エレクトロニックなどから好みのものを選択します。(後から変更可能です)

小節数変更方法

GarageBand

上記がDrummerの設定画面となります。

小節数を変更するには、右上の「+」ボタンをタップします。

GarageBand

初期設定で8小節になっていますので、「8小節」をタップします。

GarageBand

「▲」「▼」ボタンをタップして、増減したい小節数を設定して「完了」ボタンをタップします。

GarageBand

2小節増やして10小節にしてみましたが、自動でDrummerの音声ファイルも2小節増えていることが確認できます。

Drummerの再選択

GarageBand

Drummerを再選択するには、アプリ左上部の「▽」ボタンをタップして、現在選択しているDrummer(ここではMason)をタップします。

GarageBand

左右にスワイプして、再選択するDrummerを選択することが可能です。

各Drummerの説明が表示されますので、それを参考にすることもできます。

Drummerの詳しい設定方法

プリセットの変更

プリセットの変更を行う方法を説明していきます。

GarageBand

現在選択されているプリセット(ここではBack Roads)をタップします。

GarageBand

プリセットを変更することが可能です。

叩き方やスタイルが少しずつ違いますので、ぜひ好みのものを探してみてください。

リズムの複雑さ・音量変更

GarageBand

上記部分の「●」を動かすと、自動的にDrummerの波形が変化します。

左右がリズムの複雑さ(右に行くほど複雑)、上下が音量となっています。

適当に動かしてみて好みのドラムフレーズを見つけてみてください。

スイング度変更

GarageBand

「1/16 スウィング(ライト)」の部分をタップします。

GarageBand

スウィングなし~1/16 スウィング(ヘビー)まで5段階の選択をすることが可能です。

フィルの複雑さ変更

GarageBand

フィルのスライダーを左右に動かすことで、フィルの複雑さを変更可能です。

右に動かすと、フィルが複雑になってきます。

ハイハット・シンバル・パーカッション変更

GarageBand

赤囲み分をタップして選択すると、ハイハットとシンバル、タンバリン、シェイカー、クラップを選択することが可能です。

キックとスネア・ハイハット・パーカッション パターン変更

GarageBand

キックとスネア、ハイハット、パーカッションをそれぞれ長押しすると、「・・・」が複数表示され、パターンの変更を行うことが可能です。

リージョンを分割して別パターンのDrummer設定

Drummerリージョンを分割しておくことで、分割した部分のみのDrummer設定を変更することが可能です。

GarageBand

分割方法としては、トラックを長押しして「分割」をタップします。

GarageBand

分割マーカー(はさみのアイコン)を左右に動かして分割したいポイントに移動し、下にドラッグすることで、分割することが可能です。

GarageBand

分割したリージョンごとにDrummerの設定を変更することが可能です。

上記例では、分割したリージョンのフィルを複雑にして、ハイハットからシンバルに変更しています。

まとめ

今回、セッションDrummerで作成した音源に、GarageBand上でモータウン風のベースをつけてみました。ノーマライズだけしましたが、ほぼ作成した素の状態です。

自動で作成されるドラムトラックですが、けっこういい感じではないでしょうか。

曲のアイディア作りやデモ作成などにおすすめですので、ぜひ使ってみて下さい。

icon-arrow-circle-down Smart BassやSmart Pianoを加えて、簡単にバックトラックを作成する方法です。

GarageBandのDRUMMER Smart Bass Smart Pianoを使って10分でリズムトラックを作成する方法
GarageBandのDRUMMERやSmart機能は非常に簡単で曲のスケッチをしておくのにかなり便利です。DRUMMERやSmart Bass、Smart Pianoを使って、超簡単にバックトラックを作成する方法を画像付きで説明しています。

icon-arrow-circle-down 外出先で、MIDI入力のスケッチを行うには下記アプリがおすすめです。

Music Studio iPhoneアプリでMIDIドラム音源の基本的な打ち込み方法とは?
外出時やカフェなどで、MIDIデータを簡単に打ち込めるMusic Studioアプリを紹介しています。プロジェクト作成方法、ピアノロールのMIDIデータ入力方法、テンポ変更方法など画像付きで詳しく説明しています。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

トップへ戻る