シェアする

CausticアプリのPCMシンセで無料のSoundFontファイルが読み込めて超便利!

caustic

前回、Causticアプリの基本的なMIDI打ち込み方法を説明してきました。

CausticアプリでベースとピアノのMIDIデータを直感的・簡単に打ち込める!
iPhone、アンドロイドのCausticアプリはベースやメロディ、コードなどを直感的に簡単に打ち込むことが可能です。音色の選択方法、グライド設定、アクセント設定等MIDIノートの入力方法を画像付きで詳しく説明しています。

12種類の音源を利用することができて、けっこう本格的に打ち込むことが可能ではありますが、音色を増やしたい場面もあるかと思います。

今回は、CausticアプリのPCMシンセでSoundFontファイルを読み込んで音色を増やす方法を説明していきます。

無料で配布されているSoundFontファイルを読み込むことが出来るので、非常に便利です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

もくじ

この記事の流れです。

Caustic アプリ ダウンロード

Causticは有料のiPhone、アンドロイドアプリとなっており、下記よりダウンロード可能です(楽曲保存はできませんが、無料で利用できるアプリもあります)

「Caustic」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットと詳細情報を確認することができます。「Caustic」をダウンロードしてiPhone、iPad、iPod touchでお楽しみください。
This is the key to unlock Caustic to full version mode. The full version enables song saving as well as exporting to WAV, Ogg and MIDI.MAKE SURE YOU'VE TRIED CA...

SoundFontファイルを読み込む方法

早速、CausticアプリでSoundFontファイルを読み込む方法を説明していきます。

今回は無料で配布されている「SHINO DRUM」様のSoundFontファイルを利用させていただきます。

icon-arrow-circle-down SHINO DRUM本体のWAVファイルは下記からダウンロード可能です。

icon-arrow-circle-down 対応するSFZファイルは「DAWは落ちるもの」様のサイトよりダウンロード可能です。

shinodrums

筆者は普段DAWの「Studio One」を利用していますが、上記からダウンロードした「SFZファイル」と「WAVファイル」を同じ階層のフォルダに格納すると、DAWより読み込むことができます。

caustic

今回は、Androidスマホの例ですが同階層のフォルダに「SFZファイル」と「WAVファイル」を格納します。

筆者はiPhoneでもCausticアプリを利用していますが、サウンドフォントファイルなどの取り扱いはAndroidスマホのほうが便利なので、Androidスマホをお持ちの方に特におすすめします。

caustic

ファイル格納が完了したら、PCMSynthを立ち上げて「Select instrument」をタップします。

caustic

先ほどファイル格納したフォルダまで移動を行います。

「parent」をタップすると上位階層のフォルダに移動可能です。

次に、「0_Shino_Drums」を選択して「LOAD」をタップします。

caustic

PCMシンセで「SHINO DRUM」が読み込まれたことを確認できます。

caustic

上記が「SHINO DRUM」のSFZファイルを読み込んだピアノロールですが、どの音階に何の音色が割り当てられているか一目で分かるので非常に便利です。

caustic

シンプルなリズムを打ち込んでみました。

「SHINO DRUM」はエッジのハイハットとチップのハイハットなど音色が分かれているので、MIDIベタ打ちでもけっこうリアルに感じます。

caustic

「PCMシンセ+サウンドフォントファイル」のみでドラム、ベース、ギターを打ち込んでみました。

完全に生音というわけではないですが、クオリティの高いSoundFontファイルとCausticのシンセを組み合わせるとかなり幅広い楽曲制作が出来ますので非常におすすめです。

まとめ

今回サウンドフォントファイルのみで作成したトラックをSoundCloudにアップしました。

MIDIノートのベタ打ちにしては生に近いニュアンスになっているんではないでしょうか。

ぜひお気に入りのSoundFontファイルがあれば、Causticに取り込んで外出先で打ち込みを行ってみて下さい。

icon-arrow-circle-down Causticアプリの基本的なMIDI打ち込み方法は下記参照してください。

CausticアプリでベースとピアノのMIDIデータを直感的・簡単に打ち込める!
iPhone、アンドロイドのCausticアプリはベースやメロディ、コードなどを直感的に簡単に打ち込むことが可能です。音色の選択方法、グライド設定、アクセント設定等MIDIノートの入力方法を画像付きで詳しく説明しています。

 Causticアプリでリズムトラックを打ち込む方法は下記参照してください。

Causticアプリのリズムトラック打ち込みは簡単&動作が軽くて超おすすめ!
Causticアプリは非常に軽い動作で簡単にリズムトラックを作成することが可能です。トラック音源の選択方法、シーケンサーの使い方、MIDIデータ入力方法などの使い方を、画像付きで詳しく説明しています。

 CausticアプリのデータをWindowsアプリにデータ移行する方法は下記参照してください。

スマホのCausticアプリで作った楽曲をWindowsパソコンのアプリで編集する方法とは?
iPhoneやAndroidスマホのCausticアプリで作成したデータをWindowsアプリに取り込んで編集していくことが可能です。データの取り込み方法、ステムエクスポート方法等画像付きで詳しく説明しています。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

トップへ戻る