シェアする

ThumbJamアプリを使ってギターでMIDI音源を録音できる!GarageBandに録音する方法とは?

iRig

筆者は外出時にカフェや駐車中の車内などで、空き時間を利用してiPhoneやiPadアプリを利用して楽曲制作をしています。

普段はブルートゥース接続可能なMIDIキーボードのKORG MicroKEY Airを使って打ち込みを行っていますが、ベースやギターなど減衰する音色については、ギターを使ってリアルタイム録音することもけっこうあります。

KORG Modele LeアプリとmicroKEY Airを接続して音色を5つに増やす方法とは?
KORG Modele Leは驚くほどリアルなiPhone・iPad向けのピアノ音源の無料アプリです。microKEY AirキーボードをBluetooth接続するとリアルな音色を5つに増やすことができます。接続、設定方法を画像付きで詳しく説明しています。

有料ですが、ThumbJamアプリはかなりリアルなストリングス、トランペット、トロンボーン、サックスなどの生音系音色を楽曲に取り入れられる非常に優れたアプリで、ギターや声などを利用してMIDI打ち込みを行うことができます。

今回は、ギターとThumbJamアプリを使って、リアルタイムでGarageBandに生音系音色を録音していく方法を、画像付きで詳しく説明していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

もくじ

この記事の流れです。

ThumbJam アプリ ダウンロード

ThumbJamは有料のiPhone、iPadアプリとなっており下記よりダウンロード可能です。

‎ThumbJam is a powerful musical performance experience. You get over 40 high-quality real instruments multi-sampled exclusively for this app. Hundreds of includ...

ThumbJam アプリとギターでMIDI打ち込みする方法

IK Multimedia iRig利用

iRig

iPhoneやiPadのマイクを使ってMIDI打ち込みを行うことも可能ですが、筆者はIK MultimediaのiRigというギター・ベース用モバイル・インターフェースを使っています。

シンプルな接続方法が気に入っておりエレキギターを録音するときには、いまだに現役で利用しています。

シングルコイルピックアップのギターなどはノイズが入ってしまうこともありますが、超強力なノイズ除去アプリを使って対処可能することが可能です。

iPhoneで簡単かつ強力に音声ノイズ除去できるBrusfri Noise Reducerが超おすすめ!
Brusfri Noise ReducerはiPhone・iPadでマイク録音時にバックグラウンドノイズを簡単かつ自然にノイズ除去できるアプリです。GarageBandのプラグインで使う方法を画像付きで詳しく説明しています。

現行モデルとしては、IK MultimediaのiRig 2が販売されています。

iRig 2 は、これまで市場で最も高い人気を得てきたギター用モバイル・オーディオ・インターフェイス、iRigの後継機種です。そのiRingの使いやすさは、そ のままに、入力ゲイン調整用ダイヤル、アンプ接続用の1/4インチ標準アウト端子、そしてAndroidへの対応など、コンパクトなボディに多くの新機能 が凝縮されてい...

ThumbJamアプリの設定方法

ThumbJamアプリの設定方法を説明していきます。

ThumbJam

スケールを変更する必要がありますので、ThumbJamアプリの「Sound」ボタンをタップします。

ThumbJam

次に「Change Scale」ボタンをタップします。

ThumbJam

Chromaticスケールをタップして「Done」ボタンをタップしてスケールを確定させます。

クロマチックスケールにしておかないと、ギター入力した音が正しくMIDI演奏されません。

ThumbJam

次に、マイクやギターの音を利用してMIDI演奏する設定を行います。

左側にある「マイク、録音ボタン」をタップ ⇒ 「マイク♫」ボタンをタップして点灯させます。この状態でギターをつないでいない場合は、マイクに向かって声を出すと選択した音色の音が出ることを確認します。

ここまで設定すると、IK MultimediaのiRigやiRig 2を使ってエレキギターを接続すると、選択した音色が演奏されます。

ギターで演奏したよりもオクターブを上げたり下げたりした音を鳴らしたい場合は、OCTの「-」「+」ボタンをタップして設定します。

筆者はギターでベースを鳴らしたい場合には、1オクターブ下げた設定にしています。

ThumbJam

ギターで鳴らすMIDI音色を変更する場合には、「Change Instrument」をタップします。

ThumbJam

設定したい音色をタップして「Done」を押すと音色が変更されます。

アプリ下部にある「Keep Scale/Key」設定すると、音色を変更した際にもクロマチックスケールの設定が維持されます。

GarageBandアプリの設定方法

ThumbJam

ThumbJamアプリをInter-App Audioで録音していきますので、EXTERNALの「Inter-App Audio」をタップします。

ThumbJam

Inter-App Audio音源として、「ThumbJam」をタップします。

ThumbJam

ThumbJamアプリが立ち上がりますので、「…」ボタンをタップすると4カウント後に録音が開始されますので、ギターを弾いて録音したいMIDI音源を演奏します。

設定されている曲の「BPM」が表示されています。

ThumbJam

GarageBandに録音されたのが確認できます。

MIDIデータとして入力することはできないですが、ギターを使って生音音源のMIDIデータとは違う生っぽさを出すのに、筆者はこの方法をけっこう利用しています。

まとめ

ThumbJamアプリは、iPhone・iPadで利用可能な生音系の音色としてはかなり優れているアプリです。

また、筆者が利用しているのはiRigですが、IK MultimediaのiRig 2も5,000円以下で買えてエレキギターをシンプルにiPhone・iPadに接続可能なのでおすすめです。

ギターを弾くことができる方は、ピアノロールで打ち込んだMIDIデータとは違う生っぽさを出すのに良い方法ですので、ぜひ試してみてください。

iRig 2 は、これまで市場で最も高い人気を得てきたギター用モバイル・オーディオ・インターフェイス、iRigの後継機種です。そのiRingの使いやすさは、そ のままに、入力ゲイン調整用ダイヤル、アンプ接続用の1/4インチ標準アウト端子、そしてAndroidへの対応など、コンパクトなボディに多くの新機能 が凝縮されてい...

icon-arrow-circle-down GarageBandで打ち込みを行う方法は、下記参照してください。

GarageBandのDRUMMER Smart Bass Smart Pianoを使って10分でリズムトラックを作成する方法
GarageBandのDRUMMERやSmart機能は非常に簡単で曲のスケッチをしておくのにかなり便利です。DRUMMERやSmart Bass、Smart Pianoを使って、超簡単にバックトラックを作成する方法を画像付きで説明しています。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

トップへ戻る