シェアする

Novation Grooveboxアプリで作ったフレーズをGarageBandや他のDAWで使う方法とは?

Groovebox-App

筆者は、カフェなど外出先でiPhoneやiPadで楽曲のベースを作成することがかなり多いです。

外出先で曲のアイディアを練るのにかなり使えるアプリとして、Novation Grooveboxアプリの詳しい使い方を前回紹介しました。

Novation Grooveboxアプリで直感的・超簡単にかっこいい使えるストックフレーズが作れる!
Novation Grooveboxは直感的にフレーズを選択してリズムやメロディを作成できるiOSアプリです。フレーズの選択方法、MIDIノートの修正方法、テンポやキーの設定方法など画像付きで詳しく説明していきます。

Novation Grooveboxアプリは、KORG iKaossilatorやFigureと同様に、直感的に使えるフレーズを作れてアイディアを得ることが出来ますので、かなり使えるアプリとなっています。

今回は、実際にNovation Grooveboxアプリで作成したストックフレーズをGarageBandなどiPhone・iPadアプリへ移動して使う方法と、パソコンのDAWなどで利用する方法を詳しく説明していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

もくじ

この記事の流れです。

Novation Groovebox アプリ ダウンロード

Novation GrooveboxはiPhone、iPad向け無料アプリとなっており下記よりダウンロード可能です。

‎「Groovebox」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットと詳細情報を確認することができます。「Groovebox」をダウンロードしてiPhone、iPad、iPod touchでお楽しみください。
アプリ内課金はあります。

Novation GrooveboxからGarageBandへ移動方法

早速、Novation GrooveboxアプリからGarageBandへ作ったフレーズを移動する方法を説明していきます。

必要なトラック以外をミュート

移動を行うトラック以外のトラックをミュートしていきます。

Novation-Groovebox

ミュートするトラックを(ここではRETROBASS)を左から右にスワイプします。

Novation-Groovebox

ミュートするトラックに(ここではRETROBASS)赤枠のミュートボタンが表示されたことを確認します。

Novation-Groovebox

他のミュートしたいトラックについても(ここではMINIMONとPOLY-8)も同様の方法でスワイプしてミュートを行います。

ストックフレーズをオーディオコピー&ペースト

GarageBandに移動したいトラックのフレーズをオーディオコピーしていきます。

Novation-Groovebox

アプリ上部右側の「 icon-ellipsis-horizontal 」ボタンをタップします。

Novation-Groovebox

各種メニューが表示されますので、「Export」ボタンをタップします。

Novation-Groovebox

次に、「Selection Mix」ボタンをタップします。

Novation-Groovebox

Autoもしくは1小節から16小節までの小節数、AACファイルかWAVファイルかを選択して、Exportボタンをタップします。

Novation-Groovebox

次に、「Copy」ボタンをタップします。

GarageBand

次にGarageBandを立ち上げて、Audio Recorderのトラックを立ち上げておきます。

トラック部分を長押しして「ペースト」をタップします。

GarageBand

先ほどコピーしたドラムトラックが貼り付けられたことが確認できます。

GarageBand

他の3つのトラックも同様にオーディオコピーを行い、Audio Recorderトラックに貼り付けを行います。

これでGarageBand上で他音源を組み合わせたり、ミックスしたりすることが可能です。

慣れると非常に簡単な操作ですので、ぜひ気に入ったフレーズを移動してみてください。

icon-arrow-circle-down 他アプリからのオーディオコピー方法も参考にしてください。

KORG iKaossilatorで作成したトラックをGarageBandなど他アプリにコピーして使うには?
KORG iKaossilatorは直感的に指でなぞるだけでループ・トラック作成できる非常に音が良いアプリです。オーディオコピー方法、各トラックごとの書出し方法、Dropboxへ保存方法など画像付きで詳しく説明しています。

Novation Grooveboxから他DAWへ移動方法

次に、Novation Grooveboxアプリから他のDAWへ作ったフレーズを移動する方法を説明していきます。

Novation-Groovebox

各トラックのミュート等は特に行わず、「Export」ボタンをタップします。

Novation-Groovebox

次に、「Project Files」をタップします。

Novation-Groovebox

AACファイルかWAVファイルかを選択して、Exportボタンをタップします。

Novation-Groovebox

今回はドロップボックス経由でパソコンに取り込みますので、「Dropboxにコピー」をタップします。

Novation-Groovebox

Dropboxの保存先ディレクトリを選択して、「保存」ボタンをタップするとアップロードされます。

Novation-Groovebox

各トラックごとにzipファイル形式で圧縮して保存されます。

解凍すると各トラックごとの音声ファイルが保存されていますので、パソコンのお持ちのDAWなどに貼り付けて使うことが可能です。

まとめ

Novation Grooveboxアプリで使えそうなフレーズを外出先でストックしておいて、帰宅したら他アプリなどに移動して利用するのがおすすめです。

他アプリへの移動操作も慣れてしまえば簡単ですので、ぜひ試してみてください。

 Novation Grooveboxアプリの詳しい使い方は下記参照してください。

Novation Grooveboxアプリで直感的・超簡単にかっこいい使えるストックフレーズが作れる!
Novation Grooveboxは直感的にフレーズを選択してリズムやメロディを作成できるiOSアプリです。フレーズの選択方法、MIDIノートの修正方法、テンポやキーの設定方法など画像付きで詳しく説明していきます。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

トップへ戻る