シェアする

KORG Gadget LeアプリのドラムマシンLondonでリズムトラックを超簡単に作れる!

korg-gadget

このブログで以前に、KORG Modele LeアプリとmicroKEY Airを接続して音色を5つに増やす方法を説明してきました。

KORG Modele LeアプリとmicroKEY Airを接続して音色を5つに増やす方法とは?
KORG Modele Leは驚くほどリアルなiPhone・iPad向けのピアノ音源の無料アプリです。microKEY AirキーボードをBluetooth接続するとリアルな音色を5つに増やすことができます。接続、設定方法を画像付きで詳しく説明しています。

KORG Gadet Leアプリは、KORG Modele Leアプリと同様に、有料版KORG Gadet アプリの機能限定版ですが、かっこいいリズムトラックを簡単に打ち込んでいくことが可能です。

筆者は、KORG Gadetアプリを使って、外出時にiPhoneで片手でMIDI入力しており、音も非常に良いのでかなり重宝しています。

今回は、KORG Gadet Leアプリのドラムマシン「London」の使い方、リズムの入力方法を画像付きで詳しく説明していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

もくじ

この記事の流れです。

KORG Gadget アプリ ダウンロード

KORG Gadget LeはiPhone、iPad向けの無料アプリとなっており、下記よりダウンロード可能です。

KORG Gadget Londonの使い方

早速、KORG Gadget Londonの使い方を説明していきます。

新規ソング追加方法

まずはじめに、新規楽曲の追加方法を説明していきます。

korg-gadget korg-gadget

KORG Gadetアプリを立ち上げたら、左上の「 icon-file-o 」ボタンをタップして「新規」をタップします。

KORG Gadetアプリが任意のソング名をつけてくれます。

ソング名横のボタンを押すと新たな名前に変更されますし、自分で任意の楽曲名をつけることも可能です。

「OK」ボタンを押すと新規ソングの設定が完了します。

London ガジェット追加方法

Londonガジェットを追加する方法を説明していきます。

korg-gadget korg-gadget

アプリ下部のミキサー画面にある、「+」ボタンをタップします。

ガジェットを選択する画面に遷移しますので、「London」をタップします。

他ガジェットの内容など説明をこの画面で確認することが可能です。

korg-gadget

Londonガジェットがミキサーに追加されたことが確認できます。

London 音色設定方法

ここからLondonの音色設定方法を説明していきます。

korg-gadget

まずミキサー画面の「London」の画像をタップします。

各パラメータがiPhoneだとかなり見にくいため、横画面で設定することをおすすめします。

korg-gadget

「Drum KIT」と書いてある下部「01 BET ON IT」部分をタップすると音色の選択が可能です。右側の「<」「>」SELECTボタンを使って選択することも可能です。

korg-gadget

2018年3月現在、63種類のドラムキット音色を選択することが可能です。

EDIT画面の設定

korg-gadget

トップのエディット画面で各ドラムキットの音色調整ができます。

TUNE

各ドラムキットのピッチ(音の高さ)を調節します。

TIME

下部にあるトリガーがONESHOTのときは、ディケイ・タイムを設定します。
下部にあるトリガーがGATEのときは、リリース・タイムを設定します。

TRIGGER

トリガーのタイプ(ONESHOT、GATE)を選択します。

IFX画面の設定

FXを設定する場合アプリ上部の「IFX」ボタンをタップすると、画面が切り替わります。

korg-gadget

Punch

各ドラムキットの出⼒のアタックを強調できます。

パンチのあるキックなどを使いたい場合は、設定を上げていきます。

Low Boost

低域のブースト量を設定します。

ベースを鳴らしながら設定するのがおすすめです。

REV (Reverse)

リバース・エフェクトをオン、オフすることが可能です。

MFX (Master Effect Send)

各ドラムキットをマスター・エフェクトへ送るかどうかを選択します。

MIXER画面の設定

ミキサーを設定する場合アプリ上部の「MIXER」ボタンをタップすると、画面が切り替わります。

korg-gadget

PAN

各ドラムキットのパンを設定します。

Mute

各ドラムキットをミュートします。

グループ

各ドラムキットをグループ化することが可能です。オープンハイハットとクローズハイハットをグループ化するとハイハットが2種類鳴ってしまうことがなくおすすめです。

レベル

各ドラムキットの音量を設定します。

エフェクトの設定

エディット画面のエフェクト設定方法を説明していきます。

korg-gadget

EFFECT

エフェクトのタイプを選択することができます。

EDIT1

選択したエフェクトの1つ目のパラメーターを設定します。

EDIT2

選択したエフェクトの2つ目のパラメーターを設定します。

EDIT1とEDIT2で選択可能なパラメーターは、選択したエフェクトによって変更されます。

LEVEL

Londonのマスターボリュームを設定します。

London MIDI 入力方法

korg-gadget

トップ画面の「Track1」と書いてある部分をタップします。

korg-gadget

デフォルトでは16分音符で入力することができます。

1度タップすると入力、もう一度同じ部分をタップすると削除されます。

左側で上述した各キットの音を鳴らすことができます。

korg-gadget

「+」ボタンをタップすると小節数を追加することが可能です。

Londonは慣れてしまうと、非常に効率よく打ち込んでいくことができるようになります。

まとめ


先ほど入力したLondonのドラムトラックに、ベースとシンセコードをつけてSoundCloudにアップしました。

iPhone片手入力で、外出先でもリズムトラックを作成可能で、音もすごく良いのでKORG Gadget LeアプリのLondonガジェットぜひ試してみて下さい。

 KORG Gadgetのアコースティックドラム音源、下記ガジェットもおすすめです。

KORG Gadgetのアコースティックドラム音源 Gladstoneガジェットが生っぽくてかなりリアル!
KORG GadgetのGladstoneガジェットはリアルなアコースティックドラム音源です。各ドラムパーツの音色設定、コンプレッサー設定、イコライザー設定、パーツ変更方法など画像付きで詳しく説明しています。

icon-arrow-circle-down KORG GadgetをiPhoneの横画面で使う方法は下記参照してください。

KORG GadgetアプリをiPhoneで使うには横表示&片手入力が超便利!基本的な切替方法とは?
KORG GadgetはiPadで使う場合は縦表示が推奨されていますが、iPhoneで使う場合には横表示がおすすめです。ミキサー、シーケンサー、ピアノロール、ガジェット画面の切替方法を画像付きで詳しく説明しています。

icon-arrow-circle-down KORG Moduleも音がかなり良いアプリで、あわせておすすめです。

microKEY Air接続時のKORG module leの5種類のかなり使える音色とは?
iPhoneやiPadの無料アプリKORG Modele Leに、MIDIキーボードmicroKEY Airを接続した際に増える音色、KORG Modele Leのその他設定を画像付きで詳しく説明しています。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

トップへ戻る