シェアする

KORG Gadgetの定番サウンド PCMシンセサイザー Marseilleの詳しい使い方とは?

korg-gadget

前回までKORG Gadget Leアプリで利用可能なドラムマシンガジェットの「London」、セミモジュラータイプのシンセサイザー「DUBLIN」の使い方を説明してきました。

今回は、KORG Gadget Leアプリで使うことが可能な定番のキーボードのサウンドやストリングス、ブラスなどの音色を搭載したガジェット「Marseille」の使い方を説明していきます。

Marseilleは「KORG Module」ほど良い音がする音源ではないですが、汎用的に使える音色が数多く入っていますので、いろいろな音色を試してみることをおすすめします。

microKEY Air接続時のKORG module leの5種類のかなり使える音色とは?
iPhoneやiPadの無料アプリKORG Modele Leに、MIDIキーボードmicroKEY Airを接続した際に増える音色、KORG Modele Leのその他設定を画像付きで詳しく説明しています。
スポンサーリンク
レクタングル(大)

もくじ

この記事の流れです。

KORG Gadget Leアプリ ダウンロード

KORG Gadget LeはiPhone、iPad向けの無料アプリとなっており、下記よりダウンロード可能です。

KORG Gadget Marseilleの操作方法

早速、ガジェット「Marseille」の使い方を説明していきます。

PROGRAMS

korg-gadget

中央のプログラムメニューで様々な音色を選択することが可能です。

左側にあるカテゴリーのスイッチで、カテゴリーごとに音色を絞り込んで選択することもできます。

2018年3月現在、128個の音色を選択することが可能です。

OUTPUT・ENVELOPE

korg-gadget

OUTPUT

アウトプット音量を調整することが可能です。

ENVELOPE

アタック、ディケイ、サスティン、リリースを設定することが可能です。

EFFECTS

korg-gadget

FX1・FX2

Marseilleガジェット上で2つのエフェクトをかけることが可能です。

FX1もしくはFX2を選択したあとに各種設定を行います。

EFFECT TYPE

エフェクトのタイプを選択します。

20種類以上のエフェクトから選択することが可能です。

EDIT1・EDIT2

選択したエフェクトのパラメーター1つ目とパラメーター2つ目を調整します。

選択したエフェクトによって調整可能なパラメーターが異なりますので、再生しながらグリグリ動かして設定してみることをおすすめします。

CHORD

コード機能をオン・オフすることが可能です。

コード機能をオンにすると、設定したスケールに沿ったコードを1本指で演奏して録音することができます。

テンポをゆっくりにしてコード機能を使って打ち込みをおこない、後からピアノロールで修正するのがおすすめです。

SCALE

ここからスケールの設定方法を簡単に説明していきます。

korg-gadget

Scale Type

スケールタイプで様々なスケールを選択することが可能です。

Key

スケールのキー(調)を選択することが可能です。

スケールタイプとキーを選択したあと、実際にMarseilleの下にあるキーボードで演奏してみます。筆者はこの機能を使って、外出先などで指1本で打ち込んで楽曲の下準備をすることがけっこうあります。

琉球音階やホールトーンなどかなり多彩なスケールから選択することができますので、知らないスケールもありかなり参考になります。

ぜひいろいろなスケールを実際に試してみてください。

デモ音源

下記は、前回SoundCloudにアップした「DUBLIN」でベースを打ち込み、ベタ打ちですがドラムマシン「LONDON」とMarseilleでコードを入力したデモ音源のコード部分のMIDIノートとなります。

korg-gadget

前半4小節は、A5、C5、E5、G5のAマイナー7thコードとなっています。

Aマイナーのコードをリアルタイムで入力したあとに、7thの「G5」を手動で追加しました。

korg-gadget

後半4小節は、D5、F5、G5、A5のDマイナーコード+SUS4となっています。

Dマイナーのコードをリアルタイムで入力したあとに、4thの「G5」を手動で追加しました。

まとめ

「Marseille」ガジェットは主旋律のメロディとしてはやや物足りないかもしれませんが、汎用的な音色が多く入っていますので、オケのバックに入れるのには使えると思います。

ぜひ、時間があるときにコード機能、スケール機能を使っていろいろな音色を試してみてください。

icon-arrow-circle-down ドラムマシンのLondonでリズムトラックを作成する方法は下記参照してください。

KORG Gadget LeアプリのドラムマシンLondonでリズムトラックを超簡単に作れる!
KORG Gadget Leアプリは無料のiPhone iPad用DTM・DAWアプリとなっています。KORG Gadget内のドラムマシンLondonは高音質で設定や入力も簡単に行うことができます。設定方法を画像付きで詳しく説明していきます。

icon-arrow-circle-down セミモジュラータイプシンセサイザーDUBLINでベースを打ち込む方法は下記参照してください。

KORG GadgetのセミモジュラータイプシンセサイザーDUBLINでベースを打ち込む方法とは?
KORG Gadget LEでも使うことができるセミモジュラータイプのシンセサイザー「DUBLIN」はダンスミュージックの太いベースに適したシンセです。基本的な使い方、MIDI入力方法を画像付きで詳しく説明しています。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

トップへ戻る