シェアする

スマホのCausticアプリで作った楽曲をWindowsパソコンのアプリで編集する方法とは?

caustic-app

このブログでは、Causticアプリのドラムトラックやベース・リードトラックの打ち込み方などの基本的な使い方やPCMシンセでSoundFontを読み込む方法を説明してきました。

Causticアプリのリズムトラック打ち込みは簡単&動作が軽くて超おすすめ!
Causticアプリは非常に軽い動作で簡単にリズムトラックを作成することが可能です。トラック音源の選択方法、シーケンサーの使い方、MIDIデータ入力方法などの使い方を、画像付きで詳しく説明しています。

筆者は電話として利用していないAndroidスマホをCausticアプリ専用機として打ち込みを行っていますが、スマホだけで完結させずパソコンにデータを移動してパソコンで編集を行うことも多く、最終的にはパソコン上のDAWに貼り付けて利用しています。

今回は、スマホのCausticアプリで作成したデータをWindowsパソコンに移動する方法を画像付きで詳しく説明していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

もくじ

この記事の流れです。

Caustic アプリ ダウンロード

Causticは有料のiPhone、アンドロイドアプリとなっており、下記よりダウンロード可能です(楽曲保存はできませんが、無料で利用できるアプリもあります)

This is the key to unlock Caustic to full version mode. The full version enables song saving as well as exporting to WAV, Ogg and MIDI. MAKE SURE YOU'VE TRIED ...

Windows版(無償)については、下記よりダウンロード可能です。

Caustic アプリ データ移動方法

早速、Causticアプリのデータを移動する方法を説明していきます。

iPhone・Androidスマホで作成したデータの保存

ここでは、iPhoneで作成したデータをパソコンで編集する例を説明していきます。

caustic-app

ビートボックス、ベースライン、PCMシンセ、サブシンセなどiPhoneでまずループ・トラックを作成します。

icon-arrow-circle-down CausticアプリのMIDIデータ入力方法は下記記事を参照してください。

CausticアプリでベースとピアノのMIDIデータを直感的・簡単に打ち込める!
iPhone、アンドロイドのCausticアプリはベースやメロディ、コードなどを直感的に簡単に打ち込むことが可能です。音色の選択方法、グライド設定、アクセント設定等MIDIノートの入力方法を画像付きで詳しく説明しています。

caustic-app

作成した楽曲を「SAVE」をタップして保存しておきます。

caustic-app

楽曲の名前をつけて、「DONE」ボタンをタップすると保存されます。

caustic-app

同じ名前のファイルがある場合には、「FILE ALREADY EXISTS, OVERWRITE?」というメッセージが表示されますので、上書きする場合には「YES」をタップします。

iPhoneで作成したデータのダウンロード

caustic-app

iPhoneをパソコンに接続して、iTunesアプリを立ち上げます。

左側メニューで「ファイル共有」を選択して、「Caustic」アプリをクリックし、「Songs」フォルダーを選択しておきます。

caustic-app

次にiTunes右下にある「保存先」ボタンをクリックします。

caustic-app

デスクトップなど任意のフォルダを選択して「フォルダの選択」ボタンをクリックします。

caustic-app

songsディレクトリが保存されたことを確認できました。

caustic-app

先ほど保存した楽曲が、「Test1.caustic」として保存されていることが確認できます。

Androidスマホで作成したデータのダウンロード

Androidアプリからダウンロードする方法を説明していきます。

caustic-app

まずAndroidスマホをWindowsパソコンに接続します。

Androidスマホの「Caustic」⇒「Songs」ディレクトリ配下に同じ「Test1.caustic」が保存されていますので、コピーしてパソコンに移動するだけです。

Caustic Windowsアプリで読み込む方法

caustic-app

上述したファイルを任意の場所にコピーして格納しておきます。

caustic-app

パソコンのCausticアプリで「LOAD」をクリックします。

caustic-app

先ほど保存したディレクトリに移動して、Test1ファイルを選択して「Load」ボタンをクリックします。

caustic-app

iPhoneやAndroidで作成した楽曲が全く同じようにWindowsアプリに再現されました。

DAWへ取り込む方法

Windowsアプリで作成したデータをDAWへ取り込む方法を説明していきます。

caustic-app

まず、「Export」ボタンをクリックします。

caustic-app

任意の名前を入力し、WAV、OGG、MIDファイルでエクスポート可能なので、選択します。

ビット深度は「16bit、24bit、32bit」をスライダーで選択します。

各トラックごとにエクスポートを行いますので「Stems – MIXER」を選択して「EXPORT」ボタンをクリックします。

caustic-app

6チャンネルの各データ、AuxデータがWAVファイルで書き出されましたので、任意のDAWに貼り付けてさらに編集していくことが可能です。

まとめ

外出先でiPhoneやAndroidスマホでループトラックを作成しておき、パソコンに取り込みWindowsアプリで編集し、そのデータをステムエクスポートしてDAWで音源として利用することができます。

外出時の空き時間に楽曲に追加したい音色の打ち込みなどを行えて非常に便利ですので、ぜひ連携して使ってみてください。

icon-arrow-circle-down Causticアプリの詳しい使い方は下記記事から参照してください。

Causticアプリのリズムトラック打ち込みは簡単&動作が軽くて超おすすめ!
Causticアプリは非常に軽い動作で簡単にリズムトラックを作成することが可能です。トラック音源の選択方法、シーケンサーの使い方、MIDIデータ入力方法などの使い方を、画像付きで詳しく説明しています。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

トップへ戻る