シェアする

Music Studio iPhoneアプリでギターやボーカル音声を録音するには?音声ファイル編集方法は?

music-studio

前回まで2回に分けて、Music Studioアプリの基本的なドラムのMIDI打ち込み方法と、ベース、ピアノのMIDI打ち込み方法を説明してきました。

入力方法にクセはありますが、慣れてしまうとパソコンでマウス入力するのと同じくらい、かなり快適に打ち込むことができます。

Music Studio iPhoneアプリでMIDIドラム音源の基本的な打ち込み方法とは?
外出時やカフェなどで、MIDIデータを簡単に打ち込めるMusic Studioアプリを紹介しています。プロジェクト作成方法、ピアノロールのMIDIデータ入力方法、テンポ変更方法など画像付きで詳しく説明しています。
Music Studioアプリでベース・ピアノのMIDIデータをiPhoneのみ指1本で簡単打ち込むには?
Music Studioアプリでベースやピアノを指1本で簡単にリアルタイム入力を行う方法が外出先でかなり便利です。MIDIノートの修正方法、クオンタイズ方法、コードの登録方法など画像付きで詳しく説明しています。

今回は、ギターやピアノをマイク録音する方法と、録音した音声の編集方法について画像付きで詳しく説明していきます。

MIDIデータと同様に、音声をiPhoneで録音しておいてドロップボックスなどを経由してパソコンのDAW等で編集することが可能なので、外出先で録音するのにおすすめです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

もくじ

この記事の流れです。

Music Studio 2 アプリ ダウンロード

Music Studio 2 はiPhone、iPad向けの有料アプリとなっており、下記よりダウンロード可能です。

「Music Studio」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットと詳細情報を確認することができます。「Music Studio」をダウンロードしてiPhone、iPad、iPod touchでお楽しみください。

TASCAM iM2 外付けマイク

筆者はiPhoneの外付けマイクとして、TASCAMのiM2というマイクを使っています。

TASCAMのリニアPCMレコーダーDR-07MKIIと同等の単一指向性ステレオコンデンサーマイクを採用しているとのことで、iPhoneで録音するより高音質で録音することができます。

古いマイクですが筆者はこのiM2をかなり気に入っており、外出時に音声を収録するのにかなり重宝しています。

tascam-im2

外出先で録音するときの吹かれ防止のために、マイクカバーを利用しています。

『iM2』はiPhone/iPad/iPod touchのドックコネクターに接続して使用できるステレオコンデンサーマイクです。ドックコネクターに『iM2』を接続するだけでステレオ高音質録音を実現します。本体重量30gと軽量かつポケットにしまえるコンパクトサイズで、いつでもバックにしのばせて録りたい時にすぐ高音質録音をす...

TASCAM iM2 マイク 注意点

変換ケーブルが必要

30ピン接続のマイクとなっていますので、iPhone5より新しいiPhoneで使う場合には、Apple Lightning変換アダプタが必要となります。

録音レベルが小さい

録音レベルが少し小さいので、録音後に音声の編集(ノーマライズ)が必要となります。

Music Studio 2 録音方法

早速Music Studioアプリで録音する方法を説明していきます。

music-studio

アプリ上部のWaveformタブをタップして、録音ボタンを押下します。

music-studio

「Filename」で音声ファイル自体の名前をつけることが可能です。

「Input levels」スライダーを左右に動かして、録音する音声のレベルを調整することができます。0dbに達してしまうとクリップして音が歪んでしまいますので、筆者は-10db~-8dbくらいになるように調節しています。

モニタリング方法と、録音するソース、レコーディングをするときにSongを再生するか、メトロノームを利用するかをここで選択することが可能です。

左下のレコードボタンを押すと、4カウントが流れた後録音が開始されます。

music-studio

モニタリングは、オフ、ドライ(エフェクトを使用しない音声)、エフェクトモニタリングから選択することができます。

music-studio

モノラル音声、他のアプリ経由で録音を行うか選択することが可能です。

music-studio

TASCAM iM2を接続するとモノラル(左、右)、ステレオ、2つのモノラルファイルから選択することが可能です。

Music Studio 2 音声ファイル編集

music-studio

今回は、アコースティックギターのカッティング(ストラム)をTASCAM iM2を利用して録音してみました。

music-studio

アプリ上部のWaveformタブをタップすると、赤枠内ボタン、左から「ノーマライズ」「フェードイン」「フェードアウト」の編集を行うことが可能です。

ノーマライズ方法

music-studio

ノーマライズボタンをタップします。

パーセンテージを「+」「-」ボタンで入力して音声ファイルの増幅を行います。

今回は100のままとしました。

リミッターを利用する場合は下のチェックボックスに「✖」をつけて、「OK」ボタンをタップすると音声ファイルが増幅されます。

まとめ

今回のアコースティックギター入りのトラックを貼っておきます。

Music Studio 2アプリは、音声のマイク録音も簡単に行うことが出来ます。iPhoneで録音すれば、パソコンのファンの音を気にすることなく録音することが可能なのでおすすめです。

icon-arrow-circle-down Music Studio 2アプリでエフェクト設定、ミックスダウンを行う方法の説明です。

Music Studio iPhone アプリのエフェクト設定方法とは?ミックスダウンする詳しい方法
Music Studio iPhoneアプリのみでミックスダウンを行うことが可能です。各トラック、BUS、マスターエフェクト設定方法、パン、音量調整方法、WAV・AAC書出し、シェア方法を画像付きで詳しく説明しています。

icon-arrow-circle-down Music Studio 2アプリの基本的なMIDI入力、ドラムの打ち込み方法の説明です。

Music Studio iPhoneアプリでMIDIドラム音源の基本的な打ち込み方法とは?
外出時やカフェなどで、MIDIデータを簡単に打ち込めるMusic Studioアプリを紹介しています。プロジェクト作成方法、ピアノロールのMIDIデータ入力方法、テンポ変更方法など画像付きで詳しく説明しています。

 Music Studio 2アプリのベース、ピアノのリアルタイム入力方法の説明です。

Music Studioアプリでベース・ピアノのMIDIデータをiPhoneのみ指1本で簡単打ち込むには?
Music Studioアプリでベースやピアノを指1本で簡単にリアルタイム入力を行う方法が外出先でかなり便利です。MIDIノートの修正方法、クオンタイズ方法、コードの登録方法など画像付きで詳しく説明しています。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

トップへ戻る