シェアする

Music Studio iPhone アプリでInter-App audio経由で他の音源を使う詳しい方法

music-studio-app

数回に渡って、Music Studioアプリの基本的な使い方からドラム、ベース、ピアノの効率的なMIDIノートの打ち込み方を説明してきました。

Music Studio iPhoneアプリでMIDIドラム音源の基本的な打ち込み方法とは?
外出時やカフェなどで、MIDIデータを簡単に打ち込めるMusic Studioアプリを紹介しています。プロジェクト作成方法、ピアノロールのMIDIデータ入力方法、テンポ変更方法など画像付きで詳しく説明しています。

筆者はMusic Studioアプリで外出時などにMIDIノートの打ち込みを行い、パソコンにデータを移動して音源の入れ替えを行い楽曲制作を行っていますが、iPhoneやiPad用の音源も充実してきており、iOSのみである程度曲を作りこんでいる方も多くなってきているのではないかと思います。

今回は、Music StudioアプリでiPhoneに入っている他の音源をInter-App audio経由で使う詳しい方法を説明していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

もくじ

この記事の流れです。

Music Studio 2 アプリ ダウンロード

Music Studio 2 はiPhone、iPad向けの有料アプリとなっており、下記よりダウンロード可能です。

「Music Studio」のレビューのチェック、カスタマー評価の比較、スクリーンショットやその他の詳細情報を見ることができます。「Music Studio」をダウンロードして、Apple TVでお楽しみください。

Music Studio 2でInter-App audio音源を使う方法

早速、Inter-App audio経由で他の音源を使う方法を詳しく説明していきます。

ThumbJAMを使う方法

生楽器系の音色を使うには非常に優れたアプリとなっているThumbJamを利用する方法を説明していきます。

ThumbJam参考動画

下記はオーケストラをThumbJamのみで演奏している動画ですが、素晴らしい音質です。

Inter-App audio音源追加

music-studio-app

前回までドラム、ベース、ピアノ、アコギ(Audio録音)を作成した楽曲に追加していきます。

「+ MIDI」ボタンをタップします。

Music Studio iPhone アプリのエフェクト設定方法とは?ミックスダウンする詳しい方法
Music Studio iPhoneアプリのみでミックスダウンを行うことが可能です。各トラック、BUS、マスターエフェクト設定方法、パン、音量調整方法、WAV・AAC書出し、シェア方法を画像付きで詳しく説明しています。

music-studio-app

MIDIデータのトラックが追加されたことを確認します。

music-studio-app

「Instruments」タブを選択します。

BeatMaker 2やDM1、ThumbJAMアプリの音源を利用可能なことが確認できます。

ここでは、ThumbJAMを選択してタップします。

ThumbJAM-app ThumbJAM-app

ThumbJAMアプリの設定として、今回はトランペット(Trumpet)を選択しています。

アプリ上部、赤枠で囲った右側の録音ボタンをタップして、ThumbJAMアプリを演奏して録音していくことも可能ですが、ここでは左側のボタンをタップしてMusic Studioアプリに戻り、MIDIデータを入力していきます。

music-studio-app

「Keyboard」タブを選択すると、ThumbJAM音源をアプリ上のキーボードで鳴らせることが確認できます。

music-studio-app

今まで入力したコードに合うように、トランペット音源のMIDIデータを入力してみました。

music-studio-app

実際のMIDIデータは上記となっています。

リズムや音程は変化させて入力していますが、ベロシティは初期状態のままです。

Inter-App audio音源 Audioデータ化

Inter-App audio音源はアプリより複数利用することができませんので、複数利用したい場合は、打ち込みが完了したらAudioデータにしておく必要がありますので、その方法を説明していきます。

music-studio-app

該当の「SONG」を選択して、「Export」ボタンをタップします。

music-studio-app

Typeとして「Wave」を選択して、トラックごとのデータをAudioデータ化するために、「Save tracks separately」にチェックをつけて「OK」をタップするとWAVEデータ化されます。

music-studio-app

Audio化されたデータを確認するために、「Audio」フォルダを選択します。

music-studio-app

トランペットのデータは「Track5」に入力していましたので、該当のAudioデータを選択して「Load」ボタンをタップします。

music-studio-app

トランペットのデータがAudioデータとして追加されていることを確認します。

このままだと元のMIDIデータと同時に鳴ってしまいますので、もとのデータは「M」ボタンをタップしてミュートしておきます。

デモ音源(Inter-App audio音源を追加)

下記にトランペットを追加したデモ音源を貼っておきます。

ThumbJAMアプリはMIDIデータベタ打ちでも、ある程度聴ける音源になっているかと思います。ぜひきちんとMIDIデータを打ち込んで利用してみてください。

まとめ

Inter-App audio経由で利用できる音源は今後も増えてくると思いますので、iPhoneで打ち込みを行っている方は音源を増やすために、ぜひ使ってみてください。

icon-arrow-circle-down Music Studioアプリの基本的な打ち込み方は下記記事より参照してください。

Music Studio iPhoneアプリでMIDIドラム音源の基本的な打ち込み方法とは?
外出時やカフェなどで、MIDIデータを簡単に打ち込めるMusic Studioアプリを紹介しています。プロジェクト作成方法、ピアノロールのMIDIデータ入力方法、テンポ変更方法など画像付きで詳しく説明しています。

icon-arrow-circle-down 他のアプリからオーディオコピーする方法、三連符の入力方法は下記参照してください。

GarageBand Music Studio DM1 iPhoneアプリで三連符とAudioCopyをする詳しい方法とは?
GarageBandやMusic StudioやDM1などのiPhoneアプリ間でオーディオデータをコピーして利用することが可能です。AudioCopy方法(コピー、ペースト)と三連符で打ち込む方法を画像付きで詳しく説明しています。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

トップへ戻る