シェアする

FL Studio Mobileでエレクトロニックなドラムトラックを超簡単・直感的に打ち込める!

FL_Studio_Mobile

このブログでは、iPhoneやAndroidアプリでリズムトラックを打ち込む方法として、外出先などでDM1、GarageBand、Figure、Causticなどのアプリを利用してMIDIノート入力方法を説明してきました。

おすすめのドラムマシンアプリ!DM1で超簡単にリズムトラックを打ち込む基本的な方法
DM1は99種類のドラム音源を備えた非常に簡単にリズムを打ち込むことが出来るドラムマシンアプリです。アプリの使用と基本的な使い方、他アプリへの共有方法、SoundCloudへのアップ方法など画像付きで詳しく説明しています。

今回は、エレクトロニック・ミュージックを作成するのに強力なアプリである「FL Studio Mobile」を利用してドラムトラックを打ち込む方法を詳しく説明していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

もくじ

この記事の流れです。

FL Studio Mobile アプリ ダウンロード

FL Studio Mobileは有料のiPhone、Android、Windowsアプリとなっており下記よりダウンロード可能です。

‎「FL Studio Mobile」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットと詳細情報を確認することができます。「FL Studio Mobile」をダウンロードしてiPhone、iPad、iPod touchでお楽しみください。
Create and save complete multi-track music projects on your Android Phone or Tablet. Record, sequence, edit, mix and render complete songs.FEATURE HIGHLIGHTS• ...

ドラムトラック入力方法

早速、ドラムトラックの打ち込み方法を説明していきます。

FL_Studio_Mobile

まずはじめに新しい曲を作成しますので、アプリ右上にあるアイコンをタップします。

FL_Studio_Mobile

次に、「New」ボタンをタップします。

FL_Studio_Mobile

テンプレートとして、Audio Recording、Electro House、Hard House、Drum and Bass、Disco House、Trance、Electroなどを選択することも可能ですが、今回は「Empty」をタップしてからの状態から楽曲を作成していきます。

FL_Studio_Mobile

次に、ドラムトラックを追加していきますので、「+」ボタンをタップします。

FL_Studio_Mobile

「Drum Sequencer」をタップします。

FL_Studio_Mobile

808、909のドラムテンプレートを選択することも可能ですが、今回は、「FL Basic Kit」をタップしてベーシックなキットで作成していきます。

FL_Studio_Mobile

キック、スネア、ハイハットのみのシンプルな入力画面が表示されました。

アプリ下部にあるドラムパッドを利用して、リアルタイムでドラムトラックを入力することも可能ですが、今回はドラム シーケンサーに1音ずつ入力を行って行きます。

ドラムキット追加方法

FL_Studio_Mobile

ドラムキットを追加する方法を説明していきます。

アプリ中央部にある「+」ボタンをタップします。

FL_Studio_Mobile

シンバル、ハイハットなどキットを追加する画面が表示されます。

今回は、ハイハットを追加しますので、「Hat」をタップします。

FL_Studio_Mobile

大量のハイハット音色を選択することが可能ですが、今回はオープンハイハットを追加するためタップしました。

時間があるときに、追加可能なドラム音色の確認を行っておくと、いざ利用する際に便利です。

FL_Studio_Mobile

16ステップのドラム シーケンサーとなっていますので、直感的に打ち込むことが可能です。

再生ボタンを押すと入力した小節がループ再生されます。

テンポ設定方法

テンポの設定方法は、アプリ下部にある「TMP」ボタンをタップします。

FL_Studio_Mobile

タップボタンを複数回タップして設定することが可能です。

また、「●」ボタンを円に沿ってスワイプすることでテンポの変更を行うことが可能です。

画面上のテンポ以外の部分をタップするともとの画面に戻ります。

スウィング設定方法

FL_Studio_Mobile

スウィングを設定することが可能です。

アプリ上部の「Swing」をタップします。

FL_Studio_Mobile

「●」を上下にスワイプすることで、スウィングの度合いを調整することが可能です。

画面上のスウィング以外の部分をタップすると元の画面に戻ります。

FL_Studio_Mobile

アプリ上部の「✖」ボタンを押すことで、初期画面に戻ることが可能です。

ループを伸ばす方法

FL_Studio_Mobile

ドラムトラックを打ち込んだら、ループとして自動的に伸ばすことが可能です。

伸ばしたいトラックを長押しして、「●」部分を伸ばしたい小節数分スワイプして伸ばします。

FL_Studio_Mobile

トラック上部が凹んでいるのが確認できますが、この部分がループの終わり部分となります。

上記例では、1小節同じドラムループを伸ばしました。

FL_Studio_Mobile

ドラムトラックを後3小節分追加し、ベースとシンセ、FX Noise トラックを追加してみました。

FL Studioは、あまりコード感など考えずに直感的に打ち込むことができるアプリなので、ぜひ試してみてください。

まとめ

今回作成した楽曲をSoundCloudにアップしましたので、参考に聞いてみて下さい。

FL Studio Mobileは非常に直感的にMIDI打ち込みが出来るアプリとなっていますので、外出時などのダンスミュージックのアイディア作りに非常におすすめです。

icon-arrow-circle-down FL Studio Mobileでベースやシンセを打ち込む方法は下記参照してください。

FL Studio Mobileはベースやリードシンセを超簡単にMIDIノート打ち込み出来る!
FL Studio Mobileは、エレクトロニック・ミュージックを作成するのに非常に強力なアプリです。ベースやリードシンセの入力方法、音色の設定方法、エフェクト・FXの追加・設定方法を画像付きで詳しく説明しています。

icon-arrow-circle-down GarageBandでエレクトロニック・ミュージックを作る方法は下記参照してください。

iPhone GarageBandのLive Loopsで超簡単にエレクトロニック・ミュージックを作る方法
iPhone GarageBandのLive Loopsで、Apple Loopsを読み込んで楽曲を超簡単に作成することが可能です。Live Loopsの使い方、ループの追加方法、リアルタイム録音方法、FXの使い方を画像付きで詳しく説明しています。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

トップへ戻る