シェアする

FL Studio Mobileの軽い動作で音も良いMinisynthの6つの基本的な使い方とは?

FL-Studio-Moblie

iPhoneやAndroid、Windowsでも使える「FL Studio Mobile」は、エレクトロニック・ミュージックを作成するのに非常に強力なアプリです。

筆者は、AndroidスマホでFL Studio Mobileを利用していますが、音色の設定、オートメーションやエフェクトの設定が直感的にできて、ダンスミュージックを作るのに重宝しています。

前回は、ベースシンセ「Transistor Bass」の基本的な使い方を説明してきました。

FL Studio MobileのTransistor Bassが直感的に設定できてダンスミュージックにおすすめ!
FL Studio MobileのTransistor Bassは簡単に音色の設定が可能で音も良いベースシンセとなっています。カットオフやレゾナンス、ディストーション、PULSE WIDTHの設定方法を画像付きで詳しく説明していきます。

軽く動作して音も良い、ベーシックなシンセサイザー「Minisynth」がダンスミュージックのバックトラックを作るのにけっこうおすすめです。

今回は、「Minisynth」シンセサイザーの基本的な使い方を説明していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

もくじ

この記事の流れです。

FL Studio Mobile アプリ ダウンロード

FL Studio Mobileは有料のiPhone、Android、Windowsアプリとなっており下記よりダウンロード可能です。

‎Create and save complete multi-track music projects on your iPad, iPhone or iPod Touch. Record, sequence, edit, mix and render complete songs. NOTE: There ar...
Create and save complete multi-track music projects on your Android Phone or Tablet. Record, sequence, edit, mix and render complete songs. FEATURE HIGHLIGHTS ...

Minisynthの6つの基本的な使い方

早速、Minisynthの詳しい使い方を説明していきます。

Oscillator

FL-Studio-Moblie

オシレーターの種類

Saw、Saw + Saw、Pulse、Square + Saw、Square + Square、SuperSaw、Bell、DeafSaw、Spread Oct、Spread 5th から選択することが可能です。

Modifier

上記で選択した波形によって、pulse widthやピッチ、デチューンなど設定可能な項目が変化します。公式マニュアルに設定可能な項目の記載はありますが、実際に下部の鍵盤を鳴らして効果を確認しながら設定するのがおすすめです。

FL Studio Online Reference Manual - guide with helpful information about FL Studio

Noise

付加するヒスノイズの量を調整することができます。

Transpose

オシレーターの音の高さを上下12半音で設定することが可能です。

Filter

FL-Studio-Moblie

Cutoff

ローパスフィルターのカットオフ周波数を設定することが可能です。

KBD TRK

キーボードフォローを設定することが可能です。

VEL TRK

ベロシティーによってフィルターにどのくらい影響を与えるかを設定することが可能です。

Resonance

レゾナンスを設定することが可能です。

Filter Envelope

FL-Studio-Moblie

フィルターエンベロープのアタックタイム、ディケイタイム、サステインレベル、リリースタイムを設定することが可能です。

Amount

フィルターエンベロープにどのくらい影響を与えるかを設定することが可能です。

Low Frequency Oscillator

FL-Studio-Moblie

LFO Amount

LFOでコントロールするモジュレーションの量を設定することが可能です。

LFO Rate

LFOのスピードを設定することが可能です。

LFO Shape

LFOの波形をSine、Saw、Squareから選択することが可能です。

LFO Destination

LFOのターゲットを、フィルター、オシレーターのピッチ、オシレーターのModifierから選択することが可能です。

MW

モジュレーションの強さを設定することが可能です。

MW Destination

モジュレーションのターゲットを、フィルター、オシレーターのピッチ、オシレーターのModifierから選択することが可能です。

MASTER

FL-Studio-Moblie

マスターエンベロープのアタックタイム、ディケイタイム、サステインレベル、リリースタイムを設定することが可能です。

Voice Mode

ポリフォニック、モノフォニック、オートポルタメント設定のモノフォニックモードであるリードから選択することが可能です。

Slide

その音から次の音への経過時間を設定することが可能です。

FX

Distortion

FL-Studio-Moblie

  • Drive:ギターアンプタイプのオーバードライブ量を設定可能です。
  • Decimator:デジタルタイプの歪み量を設定することが可能です。

Delay

FL-Studio-Moblie

  • Feedback:ディレイのフィードバック回数を設定することが可能です。
  • Filter:ディレイ音の高周波の量を設定することが可能です。
  • Mix:ドライ音とディレイ音のミックス量を設定することが可能です。
  • Time:ディレイ音のスピードを設定することが可能です。

Chorus

FL-Studio-Moblie

  • Rate:モジュレーションに影響を与えるLFOのスピードを設定することが可能です。
  • Depth:コーラスエフェクトの深さを設定することが可能です。
  • Mix:ドライ音とコーラス音のミックス量を設定することが可能です。

Phaser

FL-Studio-Moblie

  • Speed:モジュレーションに影響を与えるLFOのスピードを設定することが可能です。
  • Width:位相を変えた2つの音の周波数の幅を設定することが可能です。
  • Feedback:レゾナンスのようなフィードバック量を設定することが可能です。
  • Frequency:位相を変えた2つの音のセンター周波数を設定することが可能です。
  • Mix:ドライ音とフェイザー音のミックス量を設定することが可能です。

まとめ

FL Studio MobileのMinisynthは、基本的な設定を行うことができるシンセサイザーで動作がかなり軽く音もけっこうおすすめです。

シンプルな設定画面なので、設定方法を1回覚えてしまうと、フィルターやLFOなどの設定を曲に合わせて自分で微調整可能になりますので、ぜひ使ってみて下さい。

icon-arrow-circle-down FL Studio Mobileの基本的なMIDI打ち込み方法は下記参照してください。

FL Studio Mobileはベースやリードシンセを超簡単にMIDIノート打ち込み出来る!
FL Studio Mobileは、エレクトロニック・ミュージックを作成するのに非常に強力なアプリです。ベースやリードシンセの入力方法、音色の設定方法、エフェクト・FXの追加・設定方法を画像付きで詳しく説明しています。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

トップへ戻る