シェアする

FL Studio Mobileでベース・シンセトラックにサイドチェイン処理をかける超簡単な方法とは?

FL-Studio-Mobile

前回は、FL Studio Mobileでトラックの音量やパン、フィルターなど様々なオートメーショントラックを追加して、簡単にミックスする方法を説明してきました。

FL Studio Mobileで各トラックのオートメーションを超簡単に設定する方法とは?
FL Studio Mobileは、直感的に簡単にダンスミュージックを作成することができるアプリです。ボリュームやパン、ピッチ(音程)などのオートメーション設定を行う方法を画像付きで詳しく説明しています。

今回は、エレクトロニックミュージックでよく使われるバスドラムなどをトリガーにして、ベースやシンセなどにサイドチェイン処理、ダッキングをかける方法を画像付きで詳しく説明していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

もくじ

この記事の流れです。

FL Studio Mobile アプリ ダウンロード

FL Studio Mobileは有料のiPhone、Android、Windowsアプリとなっており下記よりダウンロード可能です。

‎「FL Studio Mobile」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットと詳細情報を確認することができます。「FL Studio Mobile」をダウンロードしてiPhone、iPad、iPod touchでお楽しみください。
Create and save complete multi-track music projects on your Android Phone or Tablet. Record, sequence, edit, mix and render complete songs.FEATURE HIGHLIGHTS• ...

サイドチェインをかける方法

早速サイドチェインをかける方法を説明していきます。

FX Autoduckを使う方法

まずはじめにFL Studio Mobileに付属しているエフェクト(FX)の「Autoduck」を使う方法を説明していきます。

FL-Studio-Mobile

上記シンプルなシンセパッドトラックを作成し、このトラックに疑似的にサイドチェイン処理を行っていきます。

FL-Studio-Mobile

以前にこのブログでも説明していますが、エフェクト(FX)の追加を行っていきます。

FL Studio Mobileはベースやリードシンセを超簡単にMIDIノート打ち込み出来る!
FL Studio Mobileは、エレクトロニック・ミュージックを作成するのに非常に強力なアプリです。ベースやリードシンセの入力方法、音色の設定方法、エフェクト・FXの追加・設定方法を画像付きで詳しく説明しています。

まずはじめに「+」ボタンをタップします。

FL-Studio-Mobile

次に、「Autoduck」をタップして追加していきます。

FL-Studio-Mobile

「FX Autoduck」のパラメーターを変更して、ダッキングの効果を調整します。

厳密なサイドチェイン処理ではなく、ダッキング処理となっています。

「Ducking」パラメーターを50(%)から100(%)に向かって上げていくとダッキングの効果がはっきりしていきます。

「Attack」パラメーターを短くすると(0に近づける)早く音が立ち上がるようになります。

「FX Autoduck」をかけたシンセトラックをSoundCloudにアップしましたので聞いてみてください。

オートメーションを使う方法

前回ブログで説明したオートメーションを使う方法を説明していきます。

FL-Studio-Mobile

ボリュームのオートメーショントラックを追加しますので、今回はベースのボリュームを1度タップしました。

FLStudio-Mobile

アプリ下部にある「CTRL」ボタンをタップした後、「Add Automation Track」をタップします。

FL-Studio-Mobile

ボリュームのオートメーショントラック「Level」が追加されました。

FL-Studio-Mobile

ベースのトラックもシンセパッドと同じタイミングでなるMIDIノートとなっています。

FL-Studio-Mobile

各MIDIノートの立ち上がりの音のボリュームを下げるオートメーションを追加しました。

FL-Studio-Mobile

各小節全く同じタイミングのMIDIノートなので、1小節オートメーションを書いて残りはループ延長しています。

FL Studio Mobileはこのようなループを伸ばす処理をするのが簡単で非常に便利です。

FL-Studio-Mobile

エフェクト(FX)の「FX Filter」の「Frequancy」のオートメーションを書いても似たような処理を行うことが可能ですので、上述したボリュームのオートメーションと合わせてぜひ試してみてください。

まとめ


今回、サイドチェイン処理、ダッキング処理を行ったシンセ、ベースを含めた音源SoundCloudにアップしました。

厳密なサイドチェイン処理として、キックなどをトリガーにしたコンプレッサーなどの圧縮処理ではありませんが、FL Studio Mobileでも疑似的に処理を行うことが可能です。

パソコンのDAWを利用すると出来ることが多すぎて楽曲作成までに時間がかかってしまうことがありますが、数小節単位のアイディアを外出先などで作成しておくのにFL Studio Mobileは本当に優れたアプリですのでおすすめです。

icon-arrow-circle-down FL Studio Mobileの使い方をはじめから確認するには下記参照してください。

FL Studio Mobileでエレクトロニックなドラムトラックを超簡単・直感的に打ち込める!
FL Studio MobileはiPhone、Androidスマホでエレクトロニック・ダンスミュージックを作成するのに非常に強力なアプリです。新規楽曲作成方法、テンポ設定、スウィング設定、ドラムトラックの打ち込み方法等を画像付きで詳しく説明しています。

icon-arrow-circle-down FL Studio Mobileのベースシンセの使い方は下記参照してください。

FL Studio MobileのTransistor Bassが直感的に設定できてダンスミュージックにおすすめ!
FL Studio MobileのTransistor Bassは簡単に音色の設定が可能で音も良いベースシンセとなっています。カットオフやレゾナンス、ディストーション、PULSE WIDTHの設定方法を画像付きで詳しく説明していきます。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

トップへ戻る