シェアする

ダイソー高音質300円ステレオイヤホンVS200円イヤホン&EarPods仕様・音質比較

daiso-high-quality-earphone-microphone daiso-high-quality-earphone-microphone

前回の記事で、テレワーク用にDAISOの200円のリモコンマイク付きカナル式イヤホンが音質的には落ちますが、コスパは高く予備用としては使用可能なことを説明しました。

テレワークにダイソーの200円イヤホンマイクがコスパ良く超おすすめ!
テレワーク時のテレビ会議にDAISOの200円のリモコンマイク付きカナル式イヤホンがおすすめです。仕様や使い方、Apple EarPodsとの録音比較等画像及び録音音声付きで詳しく説明しています。

百円ショップのDAISOには、300円の高音質タイプのステレオイヤホンマイクも販売していますので、今回音質のチェックの為購入してみました。

今回は、DAISO 300円の高音質ステレオイヤホンマイクHQ-002の仕様と200円のリモコンマイク付きカナル式イヤホン及びApple EarPodsとの音声比較を行いましたので、画像付きで詳しく説明していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

もくじ

この記事の流れです。

DAISO 店舗検索

お近くのDAISOは、PayPayが使える、電子マネーが使える、クレジットカードが使える等条件指定の上、下記から店舗検索可能です。

DAISO 高音質ステレオイヤホンマイク HQ-002

早速、DAISOの高音質ステレオイヤホンマイク HQ-002の仕様を詳しく見ていきましょう。

カナル型イヤホン

200円マイクと同様にカナル型のイヤホンとなっており、筆者の耳にはしっかりフィットしました。上記がDAISO 高音質マイクのイヤホン部分となっております。

daiso-earphone-microphone

上記がDAISO 200円マイクのイヤホン部分となっており、筆者の感覚では、それほどフィット感に違いはありませんでした。

直径3.5mm ミニプラグ

daiso-high-quality-earphone-microphone

DAISO 200円マイクと同様に、プラグは直径3.5mmのミニプラグ ストレート型となっております。200円マイクよりコードの可動部分が少し頑丈になっており、多少切断しにくい仕様となっています。

ケーブルの長さは約1.2mとなっております。

daiso-earphone-microphone

上記がDAISO 200円マイクのミニプラグ部分となっています。

リモコン・音量・マイク付き

daiso-high-quality-earphone-microphone

高音質マイクには、リモコンボタンと音量、マイクが付属しております。

上記写真の、左から音量、マイク、リモコンボタンの順番となっています。

リモコンボタンで、iPhoneのミュージックアプリの再生、停止を行うことは確認出来ました。

音量を手元でコントロール出来るのは割と便利です。

iPhone自体の音量を操作出来るわけではなく、イヤホンから出力される音量について調整することが可能となっております。

daiso-earphone-microphone daiso-earphone-microphone

DAISO 200円マイクには、マイクとリモコンボタンが付属しております。

再生周波数帯域・インピーダンス

再生周波数帯域:20Hz~20,000Hz、インピーダンス:32Ωとパッケージ裏面には記載があります。

実際にはDAISO 200円イヤホンと同様にやはり低域が出ていないため、少しシャカシャカした音に感じるかと思いますが、200円イヤホンよりは高域、低域とも少しは出ているように感じました。

DAISO 高音質イヤホン 200円イヤホン VS Apple EarPods 録音比較

DAISOの高音質イヤホンのマイクと200円イヤホンのマイク、AppleのEarPodsのマイクで、ウクレレの全く同じフレーズで同距離でアルペジオ録音を行い、比較してみました。

やはりEarPodsのマイクが高域、低域ともに出ており、DAISOの高音質イヤホン、200円イヤホンは少しこもったように感じます。

全くマイクと同距離で、ウクレレの同じフレーズを録音しましたが、どういうわけか、高音質イヤホンよりもDAISO 200円イヤホンのほうが高域が録れていました。

daiso-high-quality-earphone-microphone

daiso-high-quality-earphone-microphone

EarPods

スペクトラムで確認しても、やはりAppleのEarPodsが高域、低域ともにしっかり録音出来ております。

まとめ

DAISOの高音質イヤホンは、200円イヤホンよりもiPhoneのミュージックアプリを再生した際に多少低音と高音が再生出来ていると筆者は感じました。

テレワーク時の会議で使用するマイクとしては、前述の録音比較結果から高音質イヤホンがむしろ多少音質がこもっていたため(筆者の録音環境の可能性もありますが)、200円イヤホンを買っておけば問題ないと考えます。

仕事で利用する予備のイヤホンとしてバックに入れておくには、コスパの面からも前回紹介したDAISOのリモコンマイク付きカナル式イヤホンをおすすめします。

テレワークにダイソーの200円イヤホンマイクがコスパ良く超おすすめ!
テレワーク時のテレビ会議にDAISOの200円のリモコンマイク付きカナル式イヤホンがおすすめです。仕様や使い方、Apple EarPodsとの録音比較等画像及び録音音声付きで詳しく説明しています。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

トップへ戻る